月別記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

月別アーカイブ:2016年08月

2016年08月の記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
ファスティングで20歳若返る?ファスティングの15の効能・効果が凄い!人は1日1食でもっと健康になれる!!

その他
■1日1食でもっと健康になる!?  ビートたけしさんやタモリさんら、著名人の間で1日1食のファスティングを実践されている方が増えているようです。傍から見ると「…

記事を読む

アンチエイジング!超健康になる方法とは?!青汁に含まれる成分が凄い!!

健康関連
◆老化とは?今回ご紹介するのは、信州大学がヤクルトフーズと共同で研究している「食とアンチエイジングの効果」についてです。人はなぜ老化するのか?色々な諸説があり…

記事を読む

成功率90%!!食べたいものを我慢せずに食べて痩せるダイエット法とは?!

美容関連
◆我慢がダイエットの障害今回は、ご紹介させていただく動画は、食べたいものを我慢しないで痩せるダイエット方法です。これまでは、食べる量を減らせばいいといった安易…

記事を読む

ファスティングで20歳若返る?ファスティングの15の効能・効果が凄い!人は1日1食でもっと健康になれる!!



mainimg_20120926.jpg




■1日1食でもっと健康になる!?
 
 
ビートたけしさんやタモリさんら、著名人の間で1日1食のファスティングを実践されている方が増えているようです。傍から見ると「1日1食で本当に大丈夫なのか?」と心配になりますが、慣れると逆に快適なようです。
 
 
3日程度の断食であれば、私も何度か実践したことがありますが、確かに3日目に入ると感覚が研ぎ澄まれてくるので、深呼吸するだけでものすごく気持ちよくなります。
 
 
日本では医療ジャーナリストの船瀬俊介さんが1日1食のファスティングの提唱者として有名ですが、船瀬さんが仰るとおり、頭脳労働が中心の仕事をしている方にとって1日1食のファスティングは仕事の能率をあげるなど、色々とメリットが多いです。
 
 
成長過程にあるお子さんには当然不向きですが、いわゆる中高年と呼ばれる年代に入ったら、食事の量や回数は意識して少なくした方が良いと思います。
 
 
私も数年前から1日2食、週末は1日1食、月1回2〜3日間の断食を行ないながら過ごしてますが、至って健康です。
 
 
ということで、今回は船瀬俊介さんの著書をもとに1日1食のファスティングにどのようなメリットがあるのか、分かりやすく解説した『Suzie』さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。





20歳若返る!1日1食「ファスティング」で得られる15の効能
 
 
 
■1:持病が消えていく
 
 
新陳代謝能力を超えるほどに食べると、代謝しきれなかった老廃物は、万病のもとである“体毒”として蓄えられるのだそうです。
 
 
それらは感染症や炎症、発ガンなどにつながるといいますが、ファスティングをしてインプットをストップさせれば、身体は自己浄化されてクリーンな状態に。そこで、持病も消えていくというのです。
 
 
 
 
■2:病気にかかりにくくなる
 
 
1日1食にすると“体毒”を速やかに排出できるので、免疫力、自然治癒力がアップして、病気にかかりにくい体質になるのだといいます。
 
 
 
 
■3:身体が軽くなる
 
 
まずファスティングで体重が減るので、文字どおり軽い状態に。そして1日1食により血液が末梢血管をよく廻るようになるため、身体の隅々まで血液が行き届き、新陳代謝も活発に。
 
 
体内に老廃物(体毒)が残らないから筋肉や神経もスムースに働き、身体が軽くなるというわけです。
 
 
 
 
■4:疲れにくくなる
 
 
1日1食で身体が軽くなり、当然のことながら作業がはかどる。食べ過ぎていないから、疲れもたまらないということです。
 
 
 
 
■5:睡眠時間が短くなる
 
 
食後に眠くなるのは、消化吸収でエネルギーがとられ、睡魔が襲ってくるから。なので、少食者(スモール・イーター)は短眠者(ショート・スリーパー)になるということ。
 
 
 
 
■6:肌が若返る
 
 
ファスティングすると“体毒”のデトックス(解毒)が進むため、肌が驚くほどみずみずしく若返るのだとか。
 
 
ちなみに皮膚がきれいになったということは、内臓の排毒も進んだことを意味するのだそうです。
 
 
 
 
■7:頭が冴えてくる
 
 
頭が冴えてくるのも、脳の神経細胞のデトックス効果。ファスティングをする神経細胞からも排毒が進み、電気信号がスムースに流れるようになり、記憶力から直感力までが格段に冴えるようになるというのです。
 
 
 
 
■8:生き方が前向きになる
 
 
脳内デトックスされると頭も軽くなり、ものごとをポジティブに考えるようになるそうです。
 
 
 
 
■9:身体が引き締まる
 
 
1日1食でダイエットは確実に成功すると著者は断言します。理由は、ファスティングで余分な体脂肪などが落ちていくから。
 
 
 
 
■10:不妊症が改善する
 
 
粗食、少食こそ子宝に恵まれる秘訣で、空腹感は生殖能力もアップさせるのだといいます。
 
 
 
 
■11:寿命が延びる
 
 
1日1食ファスティングをすると摂取カロリーが少なくなるため、空腹感により長寿遺伝子にスイッチが入るのだとか。
 
 
 
 
■12:食費が三分の一ですむ
 
 
食べる量が減るのですから、当然のことながら食日も減ることに。また、1日1食でいやでも健康になるので、薬代や医者通いの費用もかからなくなるといいます。
 
 
 
 
■13:仕事がはかどる
 
 
頭が冴え、睡眠が短くてすみ、料理も三分の一ですむのだから、仕事がはかどるのも当然の話。
 
 
 
 
■14:趣味を楽しめる
 
 
仕事がはかどると、時間とお金を浮かせることが可能に。その分を趣味に回せば、人生をさらに豊かに楽しむことができるというわけ。
 
 
 
 
■15:感性が豊かになる
 
 
ファスティングで脳から、さまざまな神経毒がデトックスされるといいます。だから頭が冴え、感受性や直感力が研ぎ澄まされるということ。
 
 
 
 
■注意!
 
 
「持病が消えていく」「不妊症が改善する」「寿命が延びる」などは決して断定できるようなことではなく、そういう意味では、すべてを過信するのは危険だと思います。
 
 
しかし客観的な視点を持って読み、リスクを回避しながらファスティングに挑戦してみれば、少なくともいくつかのメリットは実感できるかもしれません。
 
 
 
出典:Suzieさん:(書評家・印南敦史さん)
 


 
 
出典動画:WONDER EYES
 
「ファスティング〜1日3食キチンと食べてはいけない」船瀬俊介の船瀬塾





 

アンチエイジング!超健康になる方法とは?!青汁に含まれる成分が凄い!!



ao18.jpg






◆老化とは?


今回ご紹介するのは、信州大学がヤクルトフーズと共同で研究している「食とアンチエイジングの効果」についてです。


人はなぜ老化するのか?


色々な諸説がありますが、今現在主流とされているのが、以下の4つの諸説です。



(1)酸化ストレス説

(2)体細胞突然変異説

(3)DNAテロメア説

(4)細胞老化説


この中で「酸化ストレス説」に着目し、青汁の主要成分であるケールで様々な実験をくりかえし、凄い効果を得ています。


今回は、どうすれば老化を抑えながら健康を維持することが出来るか、非常に分かりやすく解説されています。




◆老化が進むメカニズムとは?


テロメアは染色体の末端にある保護構造で細胞分裂によってDNA複製が行われるたびに短縮していきます。


テロメアが一定の長さ以下になると細胞分裂を停止います。


細胞分裂数の回数券とも言われています。回数券がなくなればそこで終わりというわけなんですね。


これは人工的に手を加えてなんとかなるものではないので、どうにもなりません。


そこで、酸化ストレスを抑えて、健康を促進することで老化のスピードをできるだけ遅くする方法に注目しています。



負の環境因子として、以下の3つがあります。


(1)紫外線

(2)大気汚染

(3)喫煙など


これらが体に与えるストレスが「活性酸素」となります。


この活性酸素が脂質過酸化、DNA損傷、タンパク質酸化となって細胞にダメージを与えます。その結果として、老化が進み、生活習慣病やがんなどを引き起こします。




◆青汁が健康にいいわけとは?


正の環境因子として食べ物があげられます。


野菜や果物をバランス良く摂取することで防御システムを築き上げます。そこで青汁の原料となっているケールが大きく注目を集めています


活性酸素による細胞の酸化ストレスによって老化が著しく進んでしまいます。


この活性酸素を抑えてくれるのが、HSP=熱ショックタンパク質で、新陳代謝の鍵となるとして注目を集めています。


HSPは、酸化ストレスから守る働きがあり、老化のスピードを遅らせます。ケールを摂取することでHSP遺伝子が大きく発現することが明らかになりました。


HSPは、身体の中の壊れてしまったタンパク質を修復したんです。タンパク質が体内で新しく生まれたばかり
の状態は正常タンパク質として機能しますので、しっかり健康を維持出来ます。


この結果として、老化が進むスピードが抑えられ、しかも健康になります。






出典:【shinshuweb】





 カテゴリ

成功率90%!!食べたいものを我慢せずに食べて痩せるダイエット法とは?!



shutterstock_137318150.jpg






◆我慢がダイエットの障害


今回は、ご紹介させていただく動画は、食べたいものを我慢しないで痩せるダイエット方法です。


これまでは、食べる量を減らせばいいといった安易なダイエット方法が主流でした。しかし、ほぼ必ずといっていいほどリバウンドしていました。


ダイエットの最大の敵は食べたいものを食べられないストレスです。食べる量を極端に減らす急激なダイエットは、心に大きな負担を与えます。




◆食事制限ダイエットの恐怖とは?


食事制限だけのダイエットは、やればやるほどは血糖が不足します。そして、次第に強い飢餓感を感じるようになります。


これにより食事制限だけの無理なダイエットは、筋肉が衰えます。筋肉の量が減れば体重は一気に減ります。これが大きな誤解を招くんですね。


というのも、筋肉の量が減ってしまうと代謝が悪化しますので、エネルギーが消費されにくくなります。


しかも肝心の脂肪は減らないので、食事制限を少しでも緩めると、一気に太ってしまいます。


ダイエットを頑張っても常にリバンドを繰り返す原因がここにあります。


しかし、リバンドを繰り返すことで寿命が縮まりますので、オススメできません。


食べ物をひたすら我慢するストレスで、寿命が短くなってしまいます。




◆成功率90%ダイエット法とは?


番組では、できるだけカロリーを抑えるレピシを提案しています。


一工夫するだけで、カロリーが激減します。


いきなりご飯から食べると体内ですぐに血糖になるので、血糖値が必然的にあがります。血糖値があがると脂肪になります。ダイエットどころからさらに太ります。


ですので、野菜から先に食べて、糖分の吸収のスピードが落ちてしまいます。


また噛むことも非常に大切です。一口につき30回を目標にしてください。


オススメは一口ごとに箸を置くことです。そうすると噛むことに抵抗がなくなり、たべることに集中できます。


また噛むことによって満腹中枢が刺激されるので、満腹感が短時間で得られます。


しかも胃の中で消化がスムーズに行われるので、より太りにくい体質になります。





出典:柳原雅則さん





Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます