月別記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

月別アーカイブ:2016年12月

2016年12月の記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
寂しさがあなたの免疫機能を弱くする!?孤独を癒すのは心の通じあう人の存在!!

その他
        やはり人は一人では生きていけないのですね。      「寂しさ」があなたの免疫機能を弱くする理由長い冬が終わり、暖かい季節になってきましたね!…

記事を読む

リンパ節の役割とは?なぜリンパ節にガンが転移すると命の危険にさらされるのか?!

健康関連
■がんは早期発見が重要がんは早期発見が何より大事です。というのも時間の経過ともに他の臓器や器官へと転移するリスクが高まるからです。特に重用視されるのがリンパ節…

記事を読む

キャベツ湿布の効果がスゴい!打撲や捻挫に乳腺炎などにも効く!!食べるだけじゃ勿体ない!

その他
◆ キャベツ湿布とは!?  キャベツは食べるものと長らく思っていましたが、湿布として非常に優れた効能を発揮してくれることを知ったので、キャベツ湿布の効果とキャ…

記事を読む

寂しさがあなたの免疫機能を弱くする!?孤独を癒すのは心の通じあう人の存在!!



1403154top.jpg
  
  
  
  
やはり人は一人では生きていけないのですね。
  
  

  
「寂しさ」があなたの免疫機能を弱くする理由


長い冬が終わり、暖かい季節になってきましたね! でも、「春なのに風邪ひいたり、なんだかやたら感染症に罹りやすい!」という方はいませんか?
 
 
もしかしたら、あなたの免疫機能は悪化しているのではありませんか? そして、その理由は……あなたが「寂しい」と感じているせいかもしれません!
  
  
今回は、『WooRis』の過去記事や、海外の健康情報サイト『Prevention』の記事を参考に、そんな“寂しい感情”が免疫機能の低下につながる理由をご紹介しましょう!
 
  
  
■寂しさが免疫機能を弱くする
  
    
誰だって、時には「寂しいな〜」と感じることがあります。でも、来る日も来る日も1人で、友達や家族と話すことがまったくない、夫と会話がない……という生活をするのは、精神だけではなく体にも悪いようです。
  
  
なんと、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の医学教授によると、“孤独感”は人間の免疫機能を弱く変化させ、感染症などに罹りやすくしてしまうそうなのです!
  
  
『WooRis』の過去記事「タバコ15本と同じくらい危険!“孤独”が健康に害を及ぼすと判明」でお伝えしたとおり、米国のブリガム・ヤング大学の行った研究によると、“友人がいなくて孤独なこと”は、なんと1日にタバコ15本を吸うのと同程度に健康に害があるそうです!
  
  
人間は社会的生物であり、お互いに助け合い、愛情を感じ合わなければ、本当の幸せを感じることはできないのです。
 
 
  
   
■孤独を癒すのは心の通じあう人の存在
  
    
米国の調査によると、なんと人口の2割近くが慢性的な“孤独感”を感じているとか! しかも孤独感というものは結婚して家族がいれば感じない……というものでもなさそう。
  
  
「寂しいから」と行きたくもない集まりに顔を出したり、大して気も合わない友人と会ったりしても、寂しさはなかなか癒えないどころか、さらに孤独感が大きくなってしまう場合も。
  
  
前出の医学教授によると、“寂しさ”は距離感というより心の問題で、たとえ肉体的には離れていても、心が通じ合う人との交流があれば寂しさを感じない場合も多いそうです。
  
  
あなたには、そんな人がいますか?
  
  
  
以上、“寂しい感情”が免疫機能の低下につながる理由をご紹介しましたが、いかがでしたか?
  
  
「そういえば、仲良かった友達と最近連絡取ってないな」「お母さんに最近電話してなかったわ」と思う方は、寂しさを感じたら、まず自分のことを愛してくれる人に電話をしてみましょう。
  
  
「元気? どうしてる?」と優しい声を聞けば、寂しさは吹っ飛んでいってしまうことでしょう!
  
(ライター 相馬佳)
  
  
  
出典:WooRis




出典:【ハートのかけら】






リンパ節の役割とは?なぜリンパ節にガンが転移すると命の危険にさらされるのか?!



Lymph.jpg






■がんは早期発見が重要


がんは早期発見が何より大事です。というのも時間の経過ともに他の臓器や器官へと転移するリスクが高まるからです。特に重用視されるのがリンパ節への転移の有無です。


タレントの北斗晶さんは、わき下のリンパ節にも転移していることを発表しています。


医師からは胸だけなら5年生存率は70%だが、リンパ節に転移していると50%と告げられたことがメディアよって報じられ、大きな話題となっています。




■リンパ節とは?


人間の体には血管、リンパ管という管が全身に張り巡らされています。


リンパ節は小さな楕円形の器官で、リンパ管のところどころにあります。


リンパ節の主な役割は、リンパ管の中を流れているリンパ液に細菌やがん細胞などの異物の侵入を防ぐために常に監視して見つけたらすぐさま排除する働きがあります。


リンパ管を流れるリンパ液は、リンパ節を経由して静脈に注ぎます。




■がん細胞がリンパ節へ転移するメカニズム


がんが体の臓器に転移するメカニズムについてですが、がん細胞が血管やリンパ管に侵入し、血液やリンパ液とともに別の臓器や器官に移動し、そこで増殖していきます。


リンパ節はがん細胞を排除する働きもありますが、全滅させることが出来ないと生き残るがん細胞もあります。怖いのはそこからリンパ液の流れに乗って広がるケースです。


この場合どこに転移するかは予測できないので、がん細胞がみつかった場所の周辺にあるリンパ節や臓器、器官。もしくは肺や肝臓、脳、骨など血液の流れが豊富な場所です。


しかし、これだけにとどまりません。遠くのリンパ節へ転移していくケースもありまして、これを「遠隔転移」といい、リンパ節の転移が見つかると危険度が高まります。


このためがん細胞が見つかると、そのがん発生した周囲のリンパ節も一緒に切除する方法をとることがあります。これを「リンパ節郭清(かくせい)」といいます。





出典:【okamurahp01】






 カテゴリ

キャベツ湿布の効果がスゴい!打撲や捻挫に乳腺炎などにも効く!!食べるだけじゃ勿体ない!



lahana.jpg




◆ キャベツ湿布とは!?
 
 
キャベツは食べるものと長らく思っていましたが、湿布として非常に優れた効能を発揮してくれることを知ったので、キャベツ湿布の効果とキャベツ湿布の作り方について、是非ご紹介させてください。
 
 
キャベツの葉っぱを打撲や捻挫、炎症した部分に貼るだけです。アイスノンなどで冷やすと冷たすぎて逆に痛みを感じることもありますが、キャベツ湿布ならほどよい冷たさなので、こういったことがありません。
 
 
ということで、今回は「キャベツ湿布」についてまとめられた『Spotlight』さんの記事とキャベツ湿布の実演動画をご紹介させていただきます。





食べるのもいいけど貼るのもいい!キャベツ湿布の効果がスゴい!


 
キャベツといえば、ビタミンや繊維質が豊富で体に良い野菜として知られています。そのままでも煮ても焼いても蒸しても美味しい。1位のニンニクについで抗ガン作用が期待される食べ物でもあります。値段も手頃なこのキャベツが、湿布薬としても効果を発揮することを知っていましたか?
 
 
痛みや熱を取り除いてくれる湿布薬になる、体の不調に良いと言われるキャベツ。では具体的にどのような効果があるのでしょうか。
 
 
足や腕の打撲、捻挫などの痛みに効くそうです。痛みや腫れがある部分にキャベツの葉をあて、上からタオルなどで巻きます。夜これをして寝ると、翌朝スッキリしているそうです。夜、足が火照って眠れない。そんな時にも効果を発揮するようです。
 
 
“足にキャベツ湿布をして寝るようにしました。すると、足に爽快感があって、すぐに寝つけたといいます。”

  
 
“きれいに洗って水けを取ったキャベツの葉を足に巻き重ねて、その上からタオルでくるみます。すると、体温でキャベツがしんなりして足になじみ、同時に熱感が取れてきます。”

 
 
頭が痛む時、キャベツの葉をこめかみ又は頭の上に乗せてタオルや帽子などで固定させます。そのまましばらくすると、痛みが取れるそうです。
 
 
 
“お子様が急な発熱の時の、とっておきの技を公開しますね。湿らせたキャベツの外葉をお子様の頭にすっぽりかぶせます。キャベツがすっかり乾くまでかぶせておくと気化熱で熱を下げてくれます。効果抜群なのでぜひ試してみて下さい”

  
 
授乳中の胸の痛みに効くそうです。張って痛む時、キャベツの葉を胸にあて、下着などで密着させてください。試してビックリ、痛みが和らぐそうです。
 

 
“キャベツの葉を、じくだけ除いておっぱいに当てて使います。お手軽さが売りなので、乳腺炎の治りかけの頃や、(おっぱいが)熱を持ってるほどじゃないけど、なんか重たい。というときに使います。体温でシナッとしますが、授乳中などに冷水につけておくと、2〜3度は復活します。”


 
こんな身近にお手軽な民間療法があったなんて!妊娠中の女性には特に嬉しいですね。妊娠初期の足の不快感や頭痛…薬の強い湿布薬は使えない…そんな時に使えますね!
 
 
薬に頼りたくない、そんな人は是非!体に優しい民間療法、試してみる価値はありそうです。
 
 
 
出典:Spotlight(A.Jismさんの記事)
 
 
 

  
出典動画:Health Reach Productions
 
「キャベツ湿布の作り方」
 




Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます