月別記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

月別アーカイブ:2017年05月

2017年05月の記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
【疲れた・忙しいという言葉は...】

心に響く言葉
【疲れた・忙しいという言葉は...】  「疲れた・忙しい」という言葉は 「頑張った・充実してる」に  置き換えましょう!!   そして「ため息」 が出そうになっ…

記事を読む

ボディタッチで愛情ホルモンが二人の仲を潤します!!ボディタッチの凄すぎる効果とは?!

その他
冷えきった関係も愛情ホルモンで再熱愛?!  よく関係が冷えきったカップルやご夫婦の仲を取り持つ番組が放送されていたりします。番組の中では大成功を演出しているよ…

記事を読む

バナナは色によって効能が異なる!?心と体の健康にもっとも良いバナナの食べ時とは!?

その他
バナナは色によって効能が微妙に変わる!?  私が小学生のころの担任の先生が団塊世代の方でして、当時学校の給食でバナナを残す生徒が毎回数人いたため、念仏のように…

記事を読む

【疲れた・忙しいという言葉は...】



18555845_788908787938580_5245153833231405207_n.png




【疲れた・忙しいという言葉は...】
 
 
「疲れた・忙しい」という言葉は
 
「頑張った・充実してる」に
 
 置き換えましょう!!
 
 
 
そして「ため息」
 
が出そうになったら、
 
そのまま「深呼吸」に
 
切り替えましょう。
 
 
 
たったこれだけのことですが
 
5年後の人生が大きく変わります。
 
 
 
ぜひ騙されたと思って
 
意識して続けてみてくださいね。
 
 
 
〜 作者不詳 〜



 カテゴリ
 タグ

ボディタッチで愛情ホルモンが二人の仲を潤します!!ボディタッチの凄すぎる効果とは?!



normal.jpg




冷えきった関係も愛情ホルモンで再熱愛?!
 
 
よく関係が冷えきったカップルやご夫婦の仲を取り持つ番組が放送されていたりします。番組の中では大成功を演出しているようですが、実際の舞台裏はそうでもないようです。
 
 
上手くいっているように装わなければ番組として成立しないので無理もありません。しかし、失敗するのにはそれなりに理由があります。
 
 
それは、言葉だけで恋人や夫婦の関係を取り戻そうとすることです。言葉だけでは必ず行き詰まるからです。そこでオススメしたいのが「ボディタッチ」です。
 
 
ハグを含めたボディタッチをすることによって、「愛情ホルモン」であるオキシトシンが分泌されるので、冷えた関係にうるいおいがもたらされます。





「愛情ホルモン」が分泌される!? "ボディタッチ"よる効果を解説。
 
 

背中をポンと押してみたり、恋人の手に触れてみたり、人間関係を構築する上で、ボディタッチはとても重要なコミュニケーションツールといえます。
 
 
ではこのボディタッチ、体や心にどのような影響を与えているのでしょうか。
 
 
今回は「ボディタッチ」の効果について、医師に伺ってみました。
 
 
 
 
■Q1. ボディタッチにはどのような効果がある?
 
 
ボディタッチには、人と人との距離感を縮め、親近感を持たせる効果があると考えられます。子供はよく、親しい大人に抱っこやハグを求めますよね。
 
 
そうすることで、その人との絆を確認し、安心したいという気持ちから出ているものと考えられます。
 
 
大人になると、男性はそれほどでもないものの、女性は身体、特に胸や下腹付近に断りなく触られることに嫌な感じを覚えることが多いですが
 
 
それでも適切な間柄、タイミングでの励ましの意味で背中をポンと触られたり、「元気を出して」と、同性や気を許している異性に肩を抱かれると非常に親近感が湧くものです。
 
 
ボディタッチには、言葉とはまた違う、温かみのある親近感を持たせる効果がありますね。
 
 
 
 
■Q2. ボディタッチは、どこの部位が最適?
 
 
ボディタッチはどの部分にすると効果的か、というのは相手との間柄によって非常に異なるので、なかなか難しい問題ですが、一つ無難な感じがあるのは背中でしょう。
 
 
励ましや慰めの意味、あるいは「よくやったね」という賞賛の意味を込めて、背中に軽く触れるのはボディタッチの初心者にも失敗の少ない方法だと思います。
 
 
肩や腕なども親近感が湧き、自然にタッチできそうな部位ですが、ご本人が男性で、お相手が女性の場合は、乳房に近いために警戒されたり...
 
 
悪くするととっさに手を払いのけられた利することもあるかも知れません。
 
 
相手が男性なら、座った時に太ももに手を置いたりするのも、ちょっとドキッとさせる効果があるかもしれません。
 
 
 
 
■Q3. ハグやボディタッチをすると分泌される「愛情ホルモン」とは?
 
 
「愛情ホルモン」とも呼ばれるオキシトシンというホルモンは、ハグやボディタッチなど、相手を尊重するような優しい接触によって脳の下垂体という部位から分泌されます。
 
 
 
オキシトシンが血中に多くなることにより...
 
・ストレス軽減
 
・うつ状態の予防
 
・心肺の機能を高める
 
 
などの効果があるとされています。
 
 
相手に関する好意、例えば親近感や、相手を信頼する気持ちが強くなったり、あるいはストレスを減らし、うつ状態を予防する効果や
 
 
血圧の上昇を抑え、心肺の機能を高める効果までもあるといわれており、心身の安定に大いに寄与すると考えられています。
 
 
このホルモンは、例えばお母さんが子供の痛い部分をさすったりして、痛みが楽になる、といったときにも作用していると考えられています。
 
 
 
 
■Q4. 恋人や夫婦は積極的にボディタッチをするべき?
 
 
恋人や夫婦の場合も、ハグやボディタッチを頻繁に行うことでオキシトシンの分泌が促され、お互いに対する親近感や信頼が増したり、絆を深める効果があると考えられます。
 
 
また、特別なことをしなくても一緒にいることで気分の落ち込みを防ぐことが出来、不要な喧嘩なども防げる可能性もあるのではないでしょうか。
 
 
また、特にお互いのスキンシップが減って、健康問題が増えてくる傾向のある中年以降のカップルの場合、血圧の安定や心肺機能の向上といった効果も...
 
 
ハグやボディタッチによって分泌されるオキシトシンのうれしい効用だと考えられます。
 
 
 
 
■医師からのアドバイス
 
 
ハグやボディタッチといった人間同士の接触は、同性間、異性間を問わず人間関係を円滑にする一つの特効薬ともいえると思います。
 
 
でも、日本人は伝統的に他人の身体に触れるのは何となく抵抗がある、という場合が多いですよね。もちろん、最低限相手を不快にさせない配慮は必要ですが
 
 
何となく思いがうまく伝わらないとき、相手ともう少し距離を縮めたいとき、有効なツールとしてボディタッチを活用してみてはいかがでしょうか。
 
 
(監修:Doctors Me 医師)
 
 
 
出典:Doctors Me 
 



参照動画:樺沢紫苑先生

「恋愛の熱が続く期間は?」





バナナは色によって効能が異なる!?心と体の健康にもっとも良いバナナの食べ時とは!?



332.png




バナナは色によって効能が微妙に変わる!?
 
 
私が小学生のころの担任の先生が団塊世代の方でして、当時学校の給食でバナナを残す生徒が毎回数人いたため、念仏のように「先生が子どものころは病気にならないとバナナは食べれなかったのよ」とバナナのありがたさを説かれました。
 
 
当時バナナは本当に貴重な栄養源だったようで、戦後世代の子どもたちにとっては夢のようなごちそうだったようです。今ではスーパーで大量に売られているので、ありがたみを感じにくいですが、その先生のいうとおり、感謝しなければいけませんよね。
 
 
ところで、バナナは出荷されてから数日間で変色していきますよね。このとき色によって効能も変化していくことをご存知でしたでしょうか?熟度によってバナナの味も大きく変わります。私はハーフイエローくらいの青みがかった固めのバナナが好きです。
 
 
ということで今回はバナナの効能についてと、バナナを美味しく食べるためのポイントについて解説している『カラパイア』さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。





バナナの食べ頃はいつ?健康にもっとも良いバナナの食べ時期を科学的に検証。
 
 
ほとんどのバナナは輸入品で、植物検疫法の関係上、青く硬い状態で日本に輸入される。人によってはまだ熟す前の青いバナナが好きだったり、適度に熟している方が好きだったり、完全に熟れきったバナナが好きだったりといろいろあると思う。
 
 
そういった好みはさておき、バナナは熟れるにつれて栄養価が変化するのをご存知だろうか?ここでは体に良いバナナの食べ頃ってやつを科学的見地から見ていこう。

 
 
バナナの中に含まれる酵素は、熟するにつれ、でんぷんを糖分に分解し続けている。その為、完熟バナナはほとんどのでんぷんが糖分に分解されているので消化にもよい。
 
 
ただし、いくつかの研究によれば、バナナが熟れる過程でビタミンやミネラルは減少してしまうそうだ。冷蔵庫に入れておいた方がいいのはそのためだ。
 
 
日本の研究者が最近面白い研究結果を発表した。バナナは熟れるにつれて、抗酸化物質と抗がん特性が増加するのだそうだ。
 
 
黄色い皮の上に黒い斑点(シュガースポット)ができている完熟バナナには、異常な細胞と戦うTNF(腫瘍壊死因子)という物質が含まれている。抗がん特性はシュガースポットの色が暗いほど強いらしい。
 
 
さらに完熟バナナは緑色のもぎたてバナナの8倍も免疫システムを高める効果があることも明らかとなっている。
 


結論として、一番体に良いバナナは完熟バナナということになる。だが、もしあなたが2型糖尿病を患っていたり、血糖値の急激な上昇を避けたい事情があるのなら、完熟バナナにナッツバターを塗るといいだろう。こうすることで脂肪が血流への糖分の吸収を抑えてくれるという。もしくは、まだ緑がほんのり残っているハーフグリーン、ハーフイエローのバナナもお勧めだ。 
 


出典:カラパイア

出典:butterbin




参照動画:sumifru877

「甘熟王バナナの食べごろ」





Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます