月別記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

月別アーカイブ:2018年01月

2018年01月の記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
納豆に含まれるナットウキナーゼで生活習慣病を予防!納豆の凄すぎる健康効果とは?

その他
 納豆の主な効果とは?!  最近納豆の持つ美容と健康効果が注目を集めています。私も毎朝納豆を食べていますが、最近のものはニオイがかなり抑えれているので非常に食…

記事を読む

腰痛や肩こりを改善!たった5秒でできる腰痛解消ストレッチの効果がとにかく凄すぎる!

健康関連
◆ 体の痛みは内臓の不調が原因  私の父が以前首から右肩にかけて生じる痛みに苦しんでいました。少しでも動かすと激痛が走ることから、整形外科や鍼灸をはしごするか…

記事を読む

大切な人がうつ病になってしまった場合どのように接すればいいの?こんな症状がでたら要注意です!

その他
◆ 大切な人がうつ病になってしまったら...  仕事のストレスなどが原因でうつ病を発症してしまう方が依然として増えていますので、先進国では10%から15%程度の人…

記事を読む

納豆に含まれるナットウキナーゼで生活習慣病を予防!納豆の凄すぎる健康効果とは?



c8ec0b01db118d38ec7e3c231a25e032_s.jpg





 
納豆の主な効果とは?!
 
 
最近納豆の持つ美容と健康効果が注目を集めています。私も毎朝納豆を食べていますが、最近のものはニオイがかなり抑えれているので非常に食べやすくなっていますよね。
 
 
昔は臭い食べ物として、関西から向こう側に住む人たちから納豆は敬遠されていましたが、最近で日本中で愛されています。また海外でも人気が高まっているそうです。
 
 
最近はサプリメントなどにも納豆に含まれる「ピラジン」や「ナットウキナーゼ」が配合されているものが増えていまして、中でも「ナットウキナーゼ」に注目が集まってます。
 
 
それもそのはずナットウキナーゼは、納豆のあの独特のネバネバに含まれている酵素の一種であるため、 他の食品から摂取することが一切出来ないからです。
 
 
ナットウキナーゼは、血液の流れをよくするので「高血圧」「動脈硬化」「脳梗塞」や「心筋梗塞」といった「生活習慣病」の予防になります。
 
 
このためメタボ関連のサプリメントにナットウキナーゼは欠かせません。
 
 
 
 
納豆はメタボ対策に欠かせない?!
 
 
ナットウキナーゼは血栓を溶かす働きがあるので、ドロドロの血液をサラサラにする力があり、しかも血液の流れが改善されるので血圧の上昇を抑えることができます。
 
 
また、納豆そのものに不飽和脂肪酸のレシチンが含まれていますので、悪玉コレステロールを効率良く分解してくれますので、メタボ対策に欠かすことができない食材です。
 
 
 
 
納豆で腸の働きが改善できる?!
 
 
納豆はご存知のとおり大豆からできているわけですが、この大豆に含まれる「大豆イソフラボン」が、「HDLコレステロール」を増やしてくれます。
 
 
HDLコレステロールは、血管の壁はりついたコレステロールを引きはがし、肝臓まで運ぶ働きがあるため劇的に血液の流れが改善されますので、この点だけとっても凄い働きです。
 
 
しかし、これだけではありません。納豆には水溶性食物繊維・不溶性食物繊維があるので、腸の働きを活発化してくます。便秘を解消するために納豆は欠かせません。
 
 
納豆菌がお腹の中に入ると善玉乳酸菌の繁殖を促進したり、新たな栄養成分をつくるといったことを同時に行なうために腸内の環境を劇的に改善してくれるすぐれものです。
 
 
腸の働きと血液の流れが良くなれば、生活習慣病を予防すうるえでこれほど確かなことはありません。これもナットウキナーゼだら出来ることなんです。
 
 
 
 
納豆の持つ効果を最大限高める方法とは?
 
 
納豆が持つ効能を更に高めるための方法として、いくつかご紹介させていただきます。まず納豆を食べる20分から30分前に冷蔵庫から出します。
 
 
こうすることで納豆菌を増やすことができます。また血液の流れを良くするために朝よりも夜食したほうが血栓を溶かす働きが高まりますので、気になる方は夜に食べましょう。
 
 
なぜかというと、これにはきちんとした理由があります。まず我々が寝ている間身体を動かすことができないので筋肉がほぼ使われないため、血液の流れが悪化しやすいんです。
 
 
ですが、納豆を夜食べることによって、血栓を溶かしてくれるくらい血液の流れを良くする働きがあるので、納豆は朝晩食べても良い食材ですよね。
 
 
また、ネギやキムチなどと一緒に食べると健康効果がより高まりますので、お試し下さい。
 
 

 
 
出典:【kamakurayamanatto】
 




腰痛や肩こりを改善!たった5秒でできる腰痛解消ストレッチの効果がとにかく凄すぎる!



aid1326850-728px-Alleviate-Tailbone-Pain-Step-2.jpg




◆ 体の痛みは内臓の不調が原因
 
 
私の父が以前首から右肩にかけて生じる痛みに苦しんでいました。少しでも動かすと激痛が走ることから、整形外科や鍼灸をはしごするかのように通うも、全く改善されませんでした。
 
 
整形外科では 「骨の変形による脊髄神経の圧迫」と診断されました。首や肩などの骨が変形することによって、神経が圧迫することで強い痛みが生じるとされています。
 
 
これにより私の父は長期間に渡って通院することとなりました。そして気になる結果についてですが、病院で治すことをあきらめて、生活習慣を見直すことにしました。
 
 
 
  
◆ 生活習慣を変えることが最高の治療法
 
 
毎日30分から40分のウォーキングに加えて飲酒を週5日から週2日にし、食事も肉中心から、野菜中心に切り替えて食事制限し、6キロ以上のダイエットに成功しました。
 
 
そして、どんなに整形外科や鍼灸に通っても治らなかったのが、自分でも気がつかないうちに治ってしまったのです。また、脈拍や血圧も一般成人なみに改善されることとなりました。
 
 
あまりにも短期間で改善されたので誰もが驚きました。首や肩、腰の痛みの原因は、骨の歪が原因とするケースが多いですが、内臓の不調が、こうした痛みを生じさせるケースも多いです。
 
 
 
 
◆ 内臓の不調を放置するのは危険!
 
 
血の巡りが良くなったことによって、劇的に痛みが改善されました。後になって父がいうには、肩の痛みが激しかった当時は胃と肝臓の調子が良くなかったそうです。
 
 
つまり内臓の不調が骨が圧迫する原因をつくっていた可能性が高いわけです。その後も生活スタイルを変えずにいるため、肩の痛みは完全になくなり、以前にもまして健康になりました。
 
 
首や肩などの痛みと内臓の痛みは相関関係があることは医学的に証明されてます。早い段階で生活習慣を変えないと内臓の不調が深刻化する可能性がありますので、ご注意ください。
 
 
 
画像:wikiHow
 
 
  
出典:nihonchiro6
  
「5秒でできる腰痛解消ストレッチ」
  




大切な人がうつ病になってしまった場合どのように接すればいいの?こんな症状がでたら要注意です!



birth1.jpg




◆ 大切な人がうつ病になってしまったら...
 
 
仕事のストレスなどが原因でうつ病を発症してしまう方が依然として増えていますので、先進国では10%から15%程度の人たちがうつ病を患っているとされています。
 
 
ですので、日本でも過去1年間に心療内科や精神科を受診された人たちが1000万人を超えているので、もはや他人事では済まされない深刻な状況にあります。
 
 
彼、彼女がうつ病を突然発症してしまうケースもあるかと思いますが、もし大切な人の行動や態度がおかしいと感じたらうつ病を疑う必要がありそうです。
 
 
 
  
 
パートナーがうつ病に… そんなとき、どうすればいいの?
 
   
  
◆ うつ病のパートナーへの接し方
  
  
パートナーや家族がうつ病になった場合、焦ったり混乱してしまうかもしれません。うつ病は、様々な症状を発症します。
 
 
 
・突然涙を流す
 
・朝からだるくて起きれない
 
・食欲がなくなる
 
・頭痛や、下痢、肩こりなどの身体的な不調
 
 
 
うつ病は、進行すればするほど改善することが難しくなり、自傷行為に至ってしまう場合もあるのです。
 
 
家族やパートナーであるあなたはどう接したらいいのか、どう見守ればいいのか、きっと戸惑ってしまうでしょう。
 
 
まずパートナーのことを「今のままでいいよ」と、認めてあげましょう。
 
 
なりたくてなった病気ではないですし、たくさんの努力をしてきたはずです。そのため、相手の話を傾聴し、否定してはいけません。
 
 
ゆっくりと話す中で、何か治療のヒントがあることもあります。大切なパートナーを理解できれば、ゆっくり受け入れて行くことができるようになるでしょう。
 
 
 
 
◆ うつ病が伝染する!?
 
 
うつ病患者の治療には、相手を理解するために話を傾聴し、共感する事が必要です。
 
 
しかし、そのため相手に対する思い入れが強いほど、共感する気持ちが強くなり、それにつれてだんだんと気持ちが沈み込みやすくなり...
 
 
マイナス思考になり、場合によっては、うつ病になってしまうこともあります。
 
 
こんな風にうつ病がまわりの人にも伝染してしまったという話をたまに聞くことがあります。もちろん個人的な理由による発症もありますが...
 
 
医療現場ではうつ病患者を担当していた看護師がうつ病になるケースまであるそうです。
 
  
現在、うつ病を抱えていても自宅療養する人が多くいます。このような場合に、一番近くにいる家族に伝染しやすいリスクがあります。特に夫婦間での伝染は多いでしょう。
 
 
また、息子や娘がうつ病になった場合には、その両親に伝染する可能性もあります。まずはうつの伝染かもしれない気がついた時点で、精神科のある病院に受診しましょう。
 
 
そこでうつ病と診断されれば、対処の方法を教えてくれたり、薬を処方してくれます。
  
 
 
 
◆ 周りの人の協力が必須なうつ病療養
 
 
どうしてもパートナーのことばかりで、自分自身のことがつい後回しになってしまう方は「大切なのは、そばにいる人こそ身体的・精神的に健康でなければならないこと」だとしっかり意識しましょう。
 
 
パートナーの治療に専念し過ぎたり、効果がなかなか出ないことに焦りを感じたりと、支える側も気持ちがマイナスになっては、ストレスを感じ、場合によってはそのために自分自身もうつ病になってしまうかもしれません。そうなってはパートナーも自分のせいだと自分を責めてしまうでしょう。
 
  
まずはパートナーが通っている病院で自分の悩みも相談し、何よりも両親や友人など支えになる人に頼りましょう。
 
 
なかなか自分のパートナーがうつ病と言えない人もいるでしょう。しかし、現在はうつ病に関しての意識も高まってきています。
 
 
 
  
【医師からのアドバイス】
 
 
もし話を打ち明けにくくても、気分転換や、休息をすることで、気持ちの変化や新しい発見ができ、それがパートナーの治療に繋がります。
 
 
パートナーを「治療」することばかりに必死にならず、ゆっくり見守りながら、二人らしい関係を一緒に築いていきましょう。大切なのは、過去よりも未来ですから。
 
 
(監修:Doctors Me 医師)
 
 
 
出典:Doctors Me
 
 
 
 
  
出典動画:精神科医:樺沢紫苑先生
  
「うつ病を克服する方法」
 




 カテゴリ
Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます