月別記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

月別アーカイブ:2018年02月

2018年02月の記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
体が喜ぶ水の飲み方とは!?水を正しく飲むだけで人の心と体はもっと健康でキレイになれます!

その他
水の飲み方を変えれば人生が変わる?!  私たち人間の約70%は水で出来ています。それくらい水との関わりが密接なわけですが、水の飲み方をほんの少し変えるだけで、…

記事を読む

ストレッチしないので誰でも簡単にできる!たった30秒で首や肩のコリを解消する方法とは!?

健康関連
自分でやるコリ解消方法はなぜ上手くいかないのか?  今回のは、辛い首や肩のコリを解消する方法についです。今回ご紹介させていただく動画は、文字通り「あっ」という…

記事を読む

とにかく相手に「合わせない!」で乗り切ろう!口が悪くて怒ることが目的な人の対処法とは!?

その他
怒るのを生きがいにしている人たちとは?!  どこの会社や団体、組織でも人が10人いれば大抵1人くらい口が悪くて怒りっぽい人がいるものです。こういう人が上司だと…

記事を読む

体が喜ぶ水の飲み方とは!?水を正しく飲むだけで人の心と体はもっと健康でキレイになれます!



normal.jpg




水の飲み方を変えれば人生が変わる?!
 
 
私たち人間の約70%は水で出来ています。それくらい水との関わりが密接なわけですが、水の飲み方をほんの少し変えるだけで、心と体の美容と健康に大きく作用します。
 
 
ハッキリいって人生が変わるといってもいいほど凄い効果を実現できます。ですので、今回は水の持つ素晴らしい美容と健康効果・効能について分かりやすく解説しています。
 
 
 
  
実は水分補給が上手くいっていない?!
 
 
我々は特別なにもしなくても毎日2.0から2.6リットルほどの水分が尿や汗となって失われています。つまり多くの人たちは毎日水分補給が足りていないんです。
 
 
特に現代人はコーヒーしか飲まない、ビールしか飲まないといった極端な傾向に走りやすいので注意しなければなりません。水分補給は水もしくはスポーツドリンクがいいです。
 
 
ちなみに本来であれば失われた水分量よりも多く水分を補給しなければなりませんが、水分補給を怠ってしまうと大変です。なぜなら体は水分の排出を抑えるようになるからです。
 
 
つまりから体から本来排出されていなければならない量の水分が排出されないということは、それと一緒に排泄されるべき老廃物が体の中に蓄積されてしまいます。
 
 
そうなると体はどうしても疲れやすくなります。ですので、毎日1.5リットルから2.0リットルくらいの水を飲むべきなのですが、ほとんどの方は飲まれていません。
 
 
 
 
えっ水にダイエット効果があるの?!
 
 
水を飲むことによって体の中は冷えますので、一時的に体温が下がりますが、人間の体には下がった体温戻そうとする働きがあります。これがカロリーを消費している状態です。
 
 
寒いと温かいコーヒーやお茶を飲んでしまいがちですが、冬でも常温の水を飲むことによって基礎代謝のアップにつながり、脂肪が燃焼しやすい、太りにくい体になるんです。
 
 
とくに冬場の今ぐらいの時期は師走ということで何かと忙しいためストレスが溜まりますよね。しかも忘年会シーズンなので暴飲暴食しやすい時期です。
 
 
普段から適量の水を飲むことによって暴飲暴食を抑えてくれますし、仮に普段よりも食べ過ぎたりしても、すぐに元に戻ります。それだけ水は私たちにとって大切なんです。
 
 
 
 
水を飲むタイミングと飲む量について!
 
 
毎日1.5リットルから2.0リットルくらいの水を飲むべきと申し上げましたが、必ず何度かに分けてその量を飲んで下さい。いきなり過剰の水を飲むのは厳禁です。
 
 
一気に大量の水を飲むと胃に余計な負担がかかって胃液を薄めてしまうからです。そうすると消化不良を起こしてしまい、余計に疲れやすくなってしまいます。
 
 
ですので、1回あたり最大で200ml程度であれば問題ありませんので、朝昼晩にわけて適量を飲むようにこころがけてください。そうすれば全く問題ありません。
 
 
また水を飲むのに適した時間帯についてですが、まず朝目覚めたとき、午前10時、午後3時、入浴前と就寝前に飲むのを基本とし、足りない分は他の時間帯に飲みましょう。
 
 
尿を作る腎臓という臓器は非常に賢い臓器でして、水を飲み過ぎたときにはその水を排泄するように働きます。
 
 
きちんと食べている人であれば、たとえ1日に10リットルの水を飲んだとしても不必要な分は体から排泄されますので、どうぞご安心下さい。
 
 
 
 
朝は必ず水を飲みましょう!
 
 
人は寝ている間にかなり汗をかいています。数時間の間に相当量の水分を失っていますので、水分補給する意味で水を1杯のむことが心と体にとって非常に大切です。
 
 
朝たった1杯水を飲むだけで血栓・動脈硬化・心筋梗塞・高血圧・便秘・喘息・肺炎・気管支炎など呼吸器全般、尿路結石、痛風、胆石といった病気の予防にもなります。
 
 

» 

 カテゴリ

ストレッチしないので誰でも簡単にできる!たった30秒で首や肩のコリを解消する方法とは!?



normal.jpg




自分でやるコリ解消方法はなぜ上手くいかないのか?
 
 
今回のは、辛い首や肩のコリを解消する方法についです。今回ご紹介させていただく動画は、文字通り「あっ」という間に首のこりや肩こりを解消する方法を実演したものです。
 
 
普通肩こりを解消するためには、ストレッチなどで身体全体ををゆるめてやる方法が一般的ですよね。
 
 
そうすることで身体全体の血行が良くなり、つらい肩こりの痛みが緩和されます。しかし、時間がなんだかんだ取られます。また、結構難しい物も多いです。
 
 
ストレッチの一番のネックは出来るだけ毎日やらないといけない点です。継続することが大切なのはいうまでもありませんが、それが一番難しいです。
 
 
しかし、今回の動画では難しいことは、一切というか全く行っていません。場所を選ばず簡単にできるので、継続するどころか、すぐ習慣化します。
 
 
 
 
こんな人におすすめです!
 
 
福整骨院の佐々木則行院長が考案されたこちらの方法は本当に簡単です。しかも手軽に簡単にできてしまいます。まずこの方法はどういった方におすすめかというと...
 
 
例えばパソコンや家事、育児をやった後で「肩がこった」、「つらいな」、「眼が疲れて痛い」、その様なことありませんか。そのような時にぜひ一度お試しください。
 
 

» 

とにかく相手に「合わせない!」で乗り切ろう!口が悪くて怒ることが目的な人の対処法とは!?



normal.jpg




怒るのを生きがいにしている人たちとは?!
 
 
どこの会社や団体、組織でも人が10人いれば大抵1人くらい口が悪くて怒りっぽい人がいるものです。こういう人が上司だと日々の業務をこなすだけでも大変ですよね。
 
 
例えば職場で何らかしらの問題が生じ、「なぜこんなことが起こったんだ理由を説明しろ」と言われたのできちんと説明すれば「お前はいちいち言い訳が多い」と怒られ...
 
 
しばらく黙って聞いていたら「黙ってないで何とか言ったらどうなんだ!」と、また怒られたので、とりあえず謝ったら「誤ってすむ問題ではない!」と激昂される始末。
 
 
こういった行動を心理学ではダブルバインドといい、二つの異なる行動の中で相手を引きずり込んで縛りつけるのに有効な手段とされています。
 
 
これを意識してやっているのであれば、究極のパワハラになるので本当に恐ろしいですが、そこまで心理学に精通しているとは思えないので、その人の性格的な問題だと思います。
 
 
とにかく怒るのを生きがいとして生まれてきたような人たちなので、まともに相手をしていたら大変なことになります。こうした相手はしっかり距離をとることを考えましょう。
 
 
 
 
病気を疑いたくなるくらい主張に一貫性がない?!
 
 
普段から「自分で考えて行動出来ない人は人としてダメ」と言いながら、自分の意に沿わない行動をとると「なぜ一言も報告しないで行動するんだ」と怒りをぶちまける!
 
 
こういったことも良く職場で見られる光景ではないでしょうか?極端から極端に走ると、やがて部下の方々は自分で適切な判断を下せなくなってしまいます。
 
 
これは会社、組織、団体を運営していくうえで大きな損失ですが、経営、運営側はそうした人材が上司としていることを知りながら、何もしようとしません。これも問題です。
 
 
だれも止めてくれる人がいないので、こうしたダブルバインドを繰り広げる上司がどこまでも暴走することになってしまいます。
 
 
これは何も会社のような組織の中で見られる光景ではありません。恋人や夫婦間にも見られます。正当な理由があると本人は思っているわけですが、怒られる方はたまりません。
 
 
例えば奥さんが「寒いから暖房を入れたい」と旦那さんに尋ねると「それくらい自分で判断しろよ」と怒られ、暖房を入れると「寒くないのに勿体ないことするな」と怒られます。
 
 
そして、こうしたダブルバインドの被害者が行く先は、神経症・鬱。統合失調症や解離性症状などで、時間の経過とともに人としての心が壊れてしまいます。
 
 

» 

Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます