月別記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

月別アーカイブ:2018年03月

2018年03月の記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
甘え上手になって幸せになるには?!甘えられない女性は幼少の頃のトラウマに苦しめられている?

その他
なぜ甘えることができないのか?!  あなたは大切な人に甘えることができますか?もしかしたら甘える行為=相手への依存と考えたりしていませんか?甘えることは決して…

記事を読む

20代で汗を流さなければ…

心に響く言葉
【 20代で汗を流さなければ… 】  20代で汗を流さなければ 40代で涙を流す。   30代で知恵を出さなければ 50代で部下がいなくなる。   40代で人脈…

記事を読む

超短時間の仮眠が脳を若返らせる?!凄すぎる仮眠の効果!スキマ時間が宝物になる生き方を!

その他
うたた寝が健康にいい?  仕事や勉強している最中に寝たくもないのに「うたた寝」してしまった経験が誰しもあるかと思います。そんなとき「集中力」が足りてないと、自…

記事を読む

甘え上手になって幸せになるには?!甘えられない女性は幼少の頃のトラウマに苦しめられている?



normal.jpg




なぜ甘えることができないのか?!
 
 
あなたは大切な人に甘えることができますか?もしかしたら甘える行為=相手への依存と考えたりしていませんか?甘えることは決して悪いことではありません。
 
 
人が心と心を通わせるために必要なスキンシップのようなものだと思っています。甘えることができない人の特徴として、自分が拒絶されてしまうことへの恐怖感があります。
 
 
また、「相手に迷惑をかけたくない」といった相手へ必要以上に配慮してしまったり、性格的に真面目で責任感が強い人に多く見受けられます。人間的に素晴らしい方が多いです。
 
 
にもかかわらず、自己評価が低いので、「自分はふさわしくない」「自分には無理だ」といった具合にすぐに遠慮してしまいます。
 
 
 
欧米程ではありませんが、日本でも女性の社会進出が年々少しずつ広がっているわけですが、それにともなって女性の活躍する場も少しずつ拡大していますよね。
 
 
しかし、それと反比例するかのように自己評価が低い女性が増えています。ですので、現状では甘えられない女性が増えてしまっているんですね。
 
 
好きな人に甘えられないとなると、心が休まる場所がなくなってしまうので、余計に心と体が疲れてしまいますよね。これではたまりません。
 
 
甘えられない性格が作られてしまう背景には子供のころにご両親とどのように過ごしたかがやはり大きく影響するようです。いわゆるトラウマが大きな壁となっています。
 
 
親との関係でいうと、やはり長女の方は「いいお姉ちゃん」であることを両親から強いられるので自分は何でも後回しにされてしまい、何をするにも遠慮がちになりやすいです。
 
 
また、母親から自分は愛されていないといった思いが強い点も大きな特徴としてあげられます。こうしたタイプは夫婦共働きの家庭に多く見受けられます。
 
 
仕事と家事に忙殺されるので、こどもにそこまでかまってられないといった母親自身の事情もあります。
 
 
ですので、今後さらに女性の社会進出が拡大すると自己評価が低く、遠慮しがちで人に甘えられない人たちが女性だけでなく男性も増えてしまうのかもしれませんね。
 
 
これにプラスして女性の場合、幼少のころに父親との距離が遠いと本心では恋人に甘えたいのに男性とどのように接していいいのか分からずに混乱してしまうようです。
 
 

» 

20代で汗を流さなければ…



12994483_1073310092730739_217480183893443230_n.png




【 20代で汗を流さなければ… 】
 
 
20代で汗を流さなければ
 
40代で涙を流す。
 
 
 
30代で知恵を出さなければ
 
50代で部下がいなくなる。
 
 
 
40代で人脈がなければ
 
60代で仕事がなくなる。
 
 

» 

超短時間の仮眠が脳を若返らせる?!凄すぎる仮眠の効果!スキマ時間が宝物になる生き方を!



59b77278d6fa8b1b82b8b5d695c552c3.jpg




うたた寝が健康にいい?
 
 
仕事や勉強している最中に寝たくもないのに「うたた寝」してしまった経験が誰しもあるかと思います。そんなとき「集中力」が足りてないと、自分を責めたりしていませんか?
 
 
実は、この仮眠とすら呼べない最長で数十秒間程度の「うたた寝」が脳にとても良い刺激をあたえ、認知症予防にも繋がることが最近の研究で明らかになったんです。
 
 
こうした超短時間仮眠を英語ではマイクロスリープといいます。マイクロスリープは微小睡眠ともいい、本人は起きていたいのに数秒から数十秒間ほど睡眠状態に入ります。
 
 
突然カクッとなるわけですが、当の本人からすれば目が覚めた瞬間は気持ちよいわけですが、気絶寸前のような感覚に襲われるので、あまり良いことだと思えないわけです。
 
 
 
 
マイクロスリープで睡眠不足を解消できる?
 
 
睡眠不足によって死に至るケースもあるので、勿論適度な睡眠を心がける必要がありますが、世に名を残した偉人達の多くがショートスリーパーであることは紛れも無い事実です。
 
 
しかし、彼らは時間の管理が上手だったので、スキマ時間を有効に使っていました。うたた寝レベルの仮眠と10分〜15分程度の仮眠をミックスしていた可能性が高いです。
 
 
そうすることでストレスを抑えながら、しっかり休息をとっていたのでしょう。特にマイクロスリープはほんの一瞬深い睡眠に入ってから目覚めるため、脳に良い刺激を与えます。
 
 
いわゆるクリエイティブさが求められている仕事にはマイクロスリープは非常に有効です。思考をがんじがらめにしようとする働きが取れるので、自由な創造が可能となります。
 
 
このため昼間の休憩時間などスキマ時間を有効に使うことによって、睡眠不足をカバーできます。特に夜勤と日勤を交互に行なう交代制勤務で働いている人にもおすすめです。
 
 

» 

 カテゴリ
Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます