月別記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

月別アーカイブ:2018年05月

2018年05月の記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
リンゴ酢はダイエット、美肌、疲労回復、生活習慣病予防に効く!?リンゴ酢の凄すぎる美容と健康効果とは!?

その他
■リンゴ酢のダイエット効果が凄い!?  最近は野菜や果物をお酢につけたものが人気ですよね。一昨年は「酢たまねぎ」が爆発的な人気となり、酢しょうがの美容と健康効…

記事を読む

大動脈瘤は高血圧の人に起こりやすい!大動脈瘤の症状と治療について!

健康関連
■今回のテーマは「大動脈瘤」  今回は「大動脈瘤」がテーマです。  先に下にある吉田たかよし先生の動画をご覧いただくと分かりやすいと思います。  大動脈瘤は、…

記事を読む

子宮頸がんはなぜ中高年に多いのか?!子宮頸がんの原因と主な症状について!

健康関連
    ■今回のテーマは子宮頸がん  今回ご紹介させていただく動画のテーマは、「子宮頸がん」についてです。  「ミルメディカル」さんの2分で分かる医療動画辞典…

記事を読む

リンゴ酢はダイエット、美肌、疲労回復、生活習慣病予防に効く!?リンゴ酢の凄すぎる美容と健康効果とは!?



ringo.jpg




■リンゴ酢のダイエット効果が凄い!?
 
 
最近は野菜や果物をお酢につけたものが人気ですよね。一昨年は「酢たまねぎ」が爆発的な人気となり、酢しょうがの美容と健康効果がテレビの情報番組で軒並み放送されたことによって人気が広がっています。
 
 
しかし、今回はあえて「リンゴ酢」をおすすめさせていただきます。リンゴ酢には新陳代謝をコントロールし、余分なカロリーの燃焼をサポートする働きがあります。
 
 
毎朝忙しいので、満足に朝食を取れない方も多いかと思いますが、パン1枚にリンゴ酢を付け足すだけで、お腹が満たされるだけでなく、食べすぎを防いでくれます。
 
 
元々お酢には体内の栄養分のエネルギー代謝を促進し、必要以上に栄養素の吸収を抑えたり、カロリーを溜め込もうとする体質を改善してくれますので、リンゴ酢を習慣的に摂ることで太りにくい体質に改善してくれます。
 
 
 
 
■リンゴ酢の美肌効果が凄い!?
 
 
リンゴ酢は毛穴につまっている様々な汚れを落としたり、吹き出物の皮脂量を抑えるなど、美肌効果も高いため、お風呂に入浴剤の代わりにリンゴ酢を入れてやればお肌のデトックスにもなります。
 
 
お酢はビタミンCの「破壊酵素」の働きを弱めてくれるうえに、血行をよくし、新陳代謝を活発化する働きも期待できるので、肌色アップ、くすみ解消など、肌を若々しく保つアンチエイジング効果も期待できます。
 
 
 
 
■リンゴ酢の疲労回復効果が凄い!?
 
 
りんご酢は美肌やダイエットといった美容効果だけでなく、健康効果も凄いんです。その秘密はリンゴ酢に豊富に含まれる「リンゴ酸」や「クエン酸」によるものです。
 
 
これら有機酸の効果によって、代謝を活発にし、疲労物質である乳酸やピルビン酸の生成や蓄積を抑え、疲労回復や肩こりなどの解消を促してくれます。
 
 
こうしたリンゴ酢の疲労回復効果を利用しない手はありません。仕事が忙しくて平日は満足な睡眠時間を確保出来ない方は睡眠の質を高めるうえでもおすすめです。
  
 
 
 
■リンゴ酢の生活習慣病予防効果が凄い!?
 
 
リンゴ酢に豊富に含まれている食物繊維には2型糖尿病をコントロールする働きが期待できますので、毎晩小さじ2杯ほどのリンゴ酢を飲むことによって、グルコースが低下する働きが期待できます。
 
 
また、リンゴ酢に含まれるカリウムは、食の欧米化によって塩分摂取が過剰気味な現代人の体内から余分な塩分を排出してくれる働きが期待できるため、血圧を下げる効果も期待できます。
 
 
そして、リンゴ酢を習慣的に飲むことによって、高血圧を予防する働きも期待できます。
 
 

» 

大動脈瘤は高血圧の人に起こりやすい!大動脈瘤の症状と治療について!



normal.jpg




■今回のテーマは「大動脈瘤」

 
今回は「大動脈瘤」がテーマです。
 
 
先に下にある吉田たかよし先生の動画をご覧いただくと分かりやすいと思います。
 
 
大動脈瘤は、大動脈にコブが出来てしまうわけですが、代表的なのが胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤の二つです。
 
 
怖いのは両方とも自覚症状がほとんどありませんので、早期発見が難しいです。
 
 
大動脈瘤が破裂してしまうと、現代の医療をもってしても、約半数以上の方が命を落としてしまいます
 
 
つまり、大動脈瘤を早期発見するには、正しい知識がどうしても必要です。
 
 
 
 
出典:【吉田たかよし】
 

 
 
 
 
■今回のテーマは「大動脈瘤」
 
 
大動脈瘤ができやすいのが、胸部大動脈と腹部大動脈です。これらの径が拡大することによって、こぶができてしまい、そのまま放置すると破裂し、大変なことになります。
 
 
大動脈瘤の大半が径の拡大が少しずつ進んでいくため、初期の段階では症状がありません。とくに、胸部大動脈は胸の中にあるので胸部大動脈瘤の自覚症状がほとんどありません。
 
 
胸部X線写真で影が見ることによって発見されることが極稀にあります。
 
 
一方、腹部大動脈瘤は、胸部大動脈瘤よりも発見されることが多いのですが、症状として痛みがあるわけではないので、残念ながら見過ごされることも多いです。
 
 
また、大動脈瘤の原因については、これといった決定打になるものが解明されていません。しかし、大動脈瘤は圧倒的に高血圧の人に起こりやすい病気であることは間違いありません
 
 
また、身内に大動脈瘤の人がいると起こりやすいとされ、遺伝的傾向が認められています
 
 
大動脈は常に圧迫された状態にあるので、高血圧の人はそうでない人よりも動脈の拡大が起こりやすいため、動脈の径の拡大があるならば、定期的に健診を受ける必要があります。
 
 

» 

子宮頸がんはなぜ中高年に多いのか?!子宮頸がんの原因と主な症状について!



present-k279.jpg
 
 
 
 
■今回のテーマは子宮頸がん
 
 
今回ご紹介させていただく動画のテーマは、「子宮頸がん」についてです。
 
 
「ミルメディカル」さんの2分で分かる医療動画辞典から抜粋されたものです。非常に分かりやすく解説されています。
 
 
子宮頸がんは、その名の通り子宮の入り口付近に発症するガンです。
 
 
子宮頸がんを発症しやすい年代は、意外にも40〜50代の中高年ですが、最近は20代の女性の間でも急増してます。
 
 
 
子宮頸がんの主な症状は以下の通りです。
 
 
(1)不正性器出血
 
(2)下腹部痛
 
(3)腰痛
 
(4)血尿
 
(5)血便
 
(6)排尿障害
 
 

» 

Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます