c24a7146-1b66-4042-b9f4-66bdc97a143f.jpg




■目の体操で視力回復は!
 
 
今回のテーマは「視力回復」です。『目を温めれば視力はよくなる!』の著者である中川和宏先生が自ら実演しながら視力を回復させるための体操4つをご紹介します。
 
  
まず「目のパチパチ体操」この体操は眼球のマッサージになります。近視の人の目の特徴は眼球がだんだん伸びていきます。これを元の状態に戻すためのマッサージになります。
 
 
また「外眼筋」といいまして、眼球を動かすために必要な筋肉がありまして、これの体操でもあります。体操することによって効果的に外眼筋を鍛えることができます。
 
 
その結果、目周辺の血流の流れも良くなるので、視力も次第に回復します。
 
 
最近はパソコンやスマホで一点を長時間見ることが多いので、目の運動能力が極端に低下
しています。これが視力低下をはじめ、目の働きを低下させている原因になります。
 
 
ですので、この体操によって目の運動能力を高めることになります。
 
 
 
次に「目のツボ押し体操」です。
 
 
目には沢山のツボがあります。ツボというのは気血の流れの接点になります。血液の流れと気の流れ、そこを押すことによって、目の回りの循環を良くしていきます。
 
 
表情が固まった状態で長時間にわたり一点を見つづけると表情がなくなってしまいます。そうすると思考も低下しますし、なにより表情筋が衰えるので老け顔になります。
 
 
ですので、目の体操は目だけでなく、老け顔を解消するなど美肌効果もあります。
 
 
 
次は「指先追いかけ体操」です。この運動は目の運動能力を高める効果があります。
 
 
目の運動能力を高めることによって、脳の運動能力を高めることになるので、脳の働きを活性化してくれます。最近は目が動か
ない人が多いので、必然的に脳も動かなくなります。
 
 
記憶低下など脳の働きが悪化してしまいますので、こうした体操が必要なんですね。
 
 
 
最後は自由運動です。これにより目の動きがよくなります。目を鍛えると目が疲れにくくなるので、視力低下を予防する効果もあります。目が良い方にもおすすめです。
 
 
 
著者:中川和宏先生
 
 
 
 
出典:【アスコムチャンネル】
 
 

 
 
 
 
■「目のパチパチ体操」STEP1
  
 
この体操は、目をぎゅっと
 
しぼって10秒。
 
 
上を向いて10秒。
 
またぎゅっとしぼって10秒。
 
 
下を見て10秒。
 
またぎゅっとしぼって10秒。
 
 
右を見て10秒。
 
ぎゅっとしぼって10秒。
 
 
左を見て10秒。
 
またぎゅっとしぼって10秒。
 
これで1回になります。
 
 
 
 
■「目のツボ押し体操」STEP2
 
 
目頭、眉山の真ん中の上、その内側、こめかみ、目の下のツボを押します。
 
 
やり方はいたって簡単、各ツボを押しながら息を吸って息を吐き、5秒位かるく息を止めます。
 
 
これを1回として各ツボをおなじように押してください。
 
 
 
 
■「指先追いかけ体操」STEP3
 
 
まず縦に腕をスピーディーに動かしながら、指先を目で追う体操です。
 
 
次は同じ要領で横に腕をうごかし、指先を目で追いかけます。
 
 
次に斜めです。次に反対の斜めもいきます。
 
  
  
 
■「自由体操」STEP4
 
 
最後は自由運動です。
 
 
スピーディーに腕を自由に動かし、指先を目で追いかけます。
 
 
これにより目の動きがよくなります。
 
 
もう一つは目を寄せた状態にして、タテ・ヨコ・ナナメに目を動かす運動です。
 
 
 



 カテゴリ
 タグ