fukuwarai002.jpg
 
 
 
◆笑いヨガとは?
 
 
今回は笑いヨガのご紹介です。笑いヨガは笑う体操とヨガの呼吸法を合わせたものです。
 
 
この健康方法は悪ふざけしているわけはありません。1995年にインドの医師ドクターマダンカタリア氏が考案したものでして、全世界70ヵ国で実践されています。
 
 
健康法としてかなり効果が高いです。1分間実践するだけでジョギング10分間とおなじ有酸素運動の効果があり、しかもヨガの腹式呼吸の効果もあるんです。
 
 
お腹が物凄く動くので、腸の働きも活発化するので美容と健康の両方に効きます
 
 
動画をご覧頂ければお分かりいただけるかと思いますが、うつ病予防にも効果があります。笑うという行為には、それだけ色々と素晴らしい効果があるんですね。
 
 
 
 
■ステップ1
 
 
「ステップ1」は手拍子です。そうあの拍手です。拍手は手のひらを全部使って行います。手のひらがじんじんしたり、赤くなったり、暖かくなったりと色々な反応があります。
 
 
これで指先の血行促進と冷え対策になります。手のひらには沢山に神経がありますので、手先の神経の働きを良くすることで、手の動きが良くなります。
 
 
驚くべきことに手のひらだけでナント30ヶ所ものツボがあるとされていまして、これらのつぼを効率よく刺激することによって全身が生き生きと活性化していきます。
 
 
 
 
■ステップ2
 
 
「ステップ2」は、笑い声なんですが、笑顔と笑い声は世界共通ですよね。
 
 
笑顔でHOHO HAHAと声に出します。これが優れた腹式呼吸でして、お腹が動くことによって腸が動きます。免疫の7割が腸で創られていることをご存知ですか?
 
 
つまり腸が動くことによって様々な病気の予防改善につながります。お腹が効率よく動くのでウエストをスリムにする効果もあるので、メタボ対策にも力を発揮してくれます。
 
 
お腹に手を当てて、笑顔でHOHO HAHAと声に出してください。
 
 
この掛け声がヨガの呼吸法と同じ腹式呼吸の効果があります。
 
 
腹式呼吸は簡単そうで難しいですが、これなら誰でもその日から出来ます。ナント1分間HOHO HAHAというだけで、10分ジョギングしたのと同じ有酸素運動の効果が得られます。
 
 
 
 
■ステップ3
 
 
「ステップ3」は、「ステップ1」と「ステップ2」を同時に行います。
 
 
この体操のいいところは、よくある笑う健康法とちがって掛け声を楽しみながらやるだけなので、わざとらしさがありません。つまり本当に笑っていなくても問題ないんです。
 
 
あくまでも笑う体操ということなのでまったく無理がありません。
 
 
ただし、脳は笑っていると認識するので、本当に笑っている効果が得られます。
 
 
個人的にはここまでのステップを実践していただくだけで十分な効果が得られました。
 
 
 
 
■ステップ4
 
 
「ステップ4」は深呼吸です。これは心と身体に効きます。
 
 
ヨガの呼吸法はまず吐き出します。吐けば吐くほど身体が自然とゆるんできます。ため息と聞くとマイナスのイメージが強いですが、こうすることでより吐き出しやすくなります。
 
 
全部吐き切ってから吸っていきます。天に登る感じで気持ち良く吸い上げていきます。そしてまたため息をはくように吐き出します。これを繰り返します。
 
 
次に更に効果を高めるために笑いながら吐いていきます。
 
 
HAHAといいながら息を出しきります。これにより有酸素運動の効果を高まります。
 
 
 
 
■ステップ5
 
 
「ステップ5」は、恥ずかしいと思う心の枠をはずすおまじないです。
 
 
拍手をしながら「いいぞ、いいぞ、イエイ!」英語なら「Very good,Very good Yeah!」です。やっているうちに楽しくなってきますが、人によっては合わないかもしれません。
 
 
しかし、ステップ3までの笑いヨガ体操でも十分効果がありますよ!!
 
 

 
 
出典:【naoco yoga】