1463501_290858101069061_664569887_n.jpg




【『心遣い』は見える】
              
           
「心」はだれにも見えない

けれど「心遣い」は見える
          
  
           
「思い」は誰にも見えない

けれど「思いやり」は見える
         
        
 
あたたかい心も

やさしい思いも

行いによってはじめて見える
       
  
          
あたたかい心が 

あたたかい行為になり

やさしい思いが 

やさしい行為になるとき
          
   
      
「心」も「思い」も

初めて美しく生きる
        
  
    
それは

人が人として生きることだ



〜詩人 宮澤章二
  「行為の意味」より〜



確かに心は誰にも見えません。しかし、心遣いは心に染みます。


心遣いによって、人と触れ合うことの喜びを感じ、信頼し合える関係を築いていく様な気がします。