1407043top.jpg
 
 
 
  
★足の裏のカサカサ・むくみなど足のトラブルにお悩みの方必見です。
    
 
◆怖い足のトラブルとは?
 
 
今回ご紹介するのは、「足のトラブル解消法」です。
 
 
今の時期は足の裏が乾燥してカサカサになったり、長時間のデスクワークなどで足はむくみがちです。また最近は外反母趾が女性だけでなく、男性や子どもの間でも広がっているだけに、足の病気は十分注意する必要があります。
 
 
ちなみに足のトラブルで悩まされる上位3位は以下の通りとなっています。
 
 
(1)むくみ
 
(2)足の裏のかさかさ
 
(3)ひざの黒ずみ

 
 
これら全て生活習慣を変えることで飛躍的に改善されるようです。
 
 
 
 
◆ひざの黒ずみの原因とは?
 
 
ひざの黒ずみは、ひざを圧迫することでおこります。これはひざへの刺激をメラニンが守ろうとするためです。
強い刺激を受けると、それに応じてメラニンが増えてしまいます。できるだけ刺激を避ける事によって、メラニンが生成されにくい状態にすると、ひざが黒くなるのを避けられます。
 
 
この黒ずみを取る方法ですが、体を洗うとき石鹸を泡立てて、そのうえに軽く塩をかけてあげると、塩の成分が角質を落としてくれるので、キレイになります。
 
 
皮膚の再生はどんなに早くても1ヶ月くらいかかるので、気になるようでしたら今すぐ始められることをおすすめします。
 
 
 
 
◆冷え性の原因とは?
 
 
冷え性の原因に血流があげられます。
冷え性の人は血流が足先まで正常ではなく何らかの原因により、血流が妨げられてしまったことによっておこります。
 
 
その原因は、「O脚」です。O脚を改善しなければなりません。
 
 
O脚を改善する方法は椅子に深く腰掛けて、つま先を外側に広げて、脚を閉じる姿勢を毎日5分程度行なうだけです。改善されるそうですから、これはやらない手はありませんね。
 
 
 
 
◆足のうらのカサカサを解消するには?
 
 
第二位はカサカサかかとです。
 
 
足の裏には皮脂がないので、基本的に誰もが乾燥肌なんですが、さらに乾燥がすすむとパックリ割れてしまい、
あまりの激痛に歩くことも困難になります。
 
 
乾燥がさらに進んでまうと「蜂窩織炎」(ほうかしきえん)になってしまいます。蜂窩織炎になると左右で足の大きさ、太さが異なり、こちらも日常生活に支障をきたしてしまいます。
 
 
なぜこのようになるかというと、足の裏のひび割れ部分からブドウ球菌という細菌が入り込み、皮膚の下で感染してパンパンに腫れあがってしまうからです。
 
 
改善する方法ですが、そのままクリームを塗っても効果が期待できません。カサカサした表面部分はしっかり削り、入浴後にクリームを塗ると皮膚に良く浸透しますので、徐々に改善されます。
 
 
めんどうだからといって、入浴中に足のカサカサ部分を削る人が少なくありません。しかし、皮膚がふやけている状態で削ると削りすぎてしまうので、注意が必要です。
 
 
 
 
◆むくみを解消するには?!
 
 
第一位のふくらはぎのむくみです。
 
 
むくみの原因は、余分な水分や血液が溜まってしまうためです。また、足の筋肉が運動不足などを理由に衰えているため、足で循環させるための力がない点も大きな原因です。
 
 
美脚の人の特徴として、バランスのとれた筋肉があるので、むくみにくいんですね。内転筋などは血液を心臓へ送り戻すポンプの役割を果たしているので、ここを鍛えるとむくみにくい足になります。

 
 
 



 カテゴリ