11043228_444517822369754_3913298183971094013_n.jpg




私たちの体は感情で左右されているのですね。
  
 
【 感情は体の中をこう変える 】
         
         
緊張すると顔が赤くなったり、イヤなことを前にすると胃が痛くなったり、私たちの体内では、感情ごとにさまざまな変化が起きているそうです。
 
    
 
 
(画像参照)
      
体中で感覚が高ぶっているパーツは
まずは赤、さらに強まると黄色に。
一方、感覚がくすんでいるところは
青で示されています。
 
        
図を見ると、体中の感覚が最も
高ぶっているのが幸福の状態。
一方、憂鬱な時には、体中の感覚が
低下しているといえそうです。
 
          
また、幸福と愛情の状態が似ている
点や、恐怖と嫌悪に類似性が見られ
る点なども面白いですね。
 
 
また、研究者によると、ほとんどの
感情は、体に何らかの影響を与える
らしい。
 
     
つまり、私たちが認識していない
感情でも、体は常に感情を把握し、
何らかの変化を起こしているのだ
そうです。
 
      
昔から
「病は気から」といいますよね。
  
       
心の健康が大切。
 
     
お金や人間関係など、
周りの状況に影響を受けない
そして、愛と幸せを感じられる
豊かな心を持っていたいですね。