00075182515_Large.jpg



誰からも愛される人ていますよね。羨ましいですね。

 
そこで今回は誰からも愛される人の共通点を分かりやすく解説されている『TABI LABO』さんの記事をご紹介させていただきます。
 
 
今回のこちらの記事は非常に勉強になります。個人的には反省する点が多く、今からでも行動を改めなければ行けないと思いました。
 
 
 
 

 
誰からも愛される、魅力的な人「11の共通点」
 
 
星野真美さんの投稿
 
 
「Inc.com」に掲載された記事を紹介しましょう。タイトルの通り、人気者になるために必要なヒントがまとめられたものですが、意外にも表面的な部分ではなく、内面的な部分にもフォーカス。この記事、思った以上に役立ちそうです。
 
 
 
01.
求められるまでは
絶対にアドバイスしない!

 
相手に質問し、しっかりとリアクションしましょう。笑う、頷く。言葉だけではないことが重要です。それこそが、相手に興味があることを示す方法と言っていいでしょう。
 
 
また、相手に質問されるまでは自分からアドバイスをしないように。なぜなら、人はアドバイスをするとき、結局自分の話をしてしまうことがほとんどだからです。「私なら◯◯する」というような言い方は、あなたのことを話していますよね?
 
 
重要なことを話すときだけ、口を開きましょう。相手が気にかけていることだけにフォーカスするのです。
 
 
 
02.
相手のイイところを見つけ
しっかりと伝える

 
普通に生活していると、自分が満足できるほど褒められるようなことはないですよね。だからこそ、誰かを褒めることが重要。相手の良いところがわからないなら、努力して発見すべきです。
 
 
相手はあなたからの賞賛の言葉だけでなく、自分に多くの注意を払ってくれていることに感謝するでしょう。自分が何かを達成した感覚になり、自然とあなたに好感を抱くはずです。
 
 
 
03.
誰の話に対しても
平等に耳を傾ける

 
自分より下だとみなす人の話には耳を貸さない。そのような人、きっとあなたも知っているでしょう?
 
 
でも、カリスマ性のある人は誰の話にも耳を傾けます。そして、社会的な立場に関わらず、誰もが自分と共通項があるように思わせてくれるもの。
 
 
 
04.
空いた時間を
他人のために使う

 
私がオイル交換のためにガソリンスタンドに寄った時のことです。車を降りると、従業員が笑顔で「いいタイヤですね。でも、汚れているのが残念です」と言いました。
 
 
私は「そろそろ洗車しようと思っています」と返答。数分後、車に戻ってきた私にその従業員は言いました。「少し大変でしたが、すべてキレイになりました。そんなに忙しくないですし、時間もありますから、どんな角度からでもキレイに見えるようにしたかったんです」
 
 
これは数年前の出来事ですが、まだ忘れていません。空き時間を自分のために使うのではなく、誰かのために使う。何かを期待しているわけではなく、できるからそうするのです。
 
 
 
05.
スマホよりも
目の前の人に集中

 
誰かと一緒にいるときに、スマホをチェックしすぎないようにしてください。
 
 
すべての注意を相手に向けましょう。実は意外にも、それができる人は少ないのです。だからこそ、相手はあなたと一緒にいたいと思うようになるはず。
 
 
 
06.
与えられるよりも
与える側!

 
接することで「何を与えてもらえるか」は考えないようにしましょう。まずは、あなたが「何を与えられるか」を考えるべきです。
 
 
 
07.
自己中とは無縁

 
自分自身に酔いしれ、大げさに振るまい、ワガママを言うのは自己中心的な人の特徴。そのような行動を不快に感じる人はかなり多いです。
 
 
 
08.
相手の知らない知識を
提供できる

 
自分の知っていることは、もちろんすでに自分でわかっています。でも、他の人が知っていることすべてを、あなたがわかっているわけではありませんよね。
 
 
誰であろうと、他人はあなたの知らないことを知っています。つまり、あなたが彼らから学ぶことができるように、彼らもまたあなたから知識を得ることができるのです。
 
 
 
09.
発する言葉が常にポジティブ

 
私たちは幸せや満足感を感じ、充実した人生を歩みたいと願っています。あなたが選ぶ言葉は、良い印象を持ってもらえるよう手助けしてくれるでしょう。ポジティブな言葉を使えば、あなた自身もイイ気持ちになれるはず。
 
 
 
10.
他人の陰口は
絶対に言わない

 
確かに私たちは、誰かのうわさ話を聞くのが好き。でも、わざわざそういった話ばかりを楽しむような人を好きになったり、尊敬する必要はありません。
 
 
他人を笑うのはもうやめましょう。自分も悪く言われているのではないかと、気になってしまいますよ。
 
 
 
11.
謙虚な姿勢を保ち
失敗を認められる

 
成功を収めた人は、なにかとカリスマ性があるように思えるもの。そして、彼らの成功もまた光輝いているように思えます。
 
 
ここでのキーワードは「思えます」という言葉。大きな成功を収めるために、必ずしもカリスマ性を持っている必要はありません。謙虚になり、失敗や過ちを認めましょう。自身を戒めるのです。
 
 
 
出典:TABI LABO