normal.jpg




水の飲み方を変えれば人生が変わる?!
 
 
私たち人間の約70%は水で出来ています。それくらい水との関わりが密接なわけですが、水の飲み方をほんの少し変えるだけで、心と体の美容と健康に大きく作用します。
 
 
ハッキリいって人生が変わるといってもいいほど凄い効果を実現できます。ですので、今回は水の持つ素晴らしい美容と健康効果・効能について分かりやすく解説しています。
 
 
 
  
実は水分補給が上手くいっていない?!
 
 
我々は特別なにもしなくても毎日2.0から2.6リットルほどの水分が尿や汗となって失われています。つまり多くの人たちは毎日水分補給が足りていないんです。
 
 
特に現代人はコーヒーしか飲まない、ビールしか飲まないといった極端な傾向に走りやすいので注意しなければなりません。水分補給は水もしくはスポーツドリンクがいいです。
 
 
ちなみに本来であれば失われた水分量よりも多く水分を補給しなければなりませんが、水分補給を怠ってしまうと大変です。なぜなら体は水分の排出を抑えるようになるからです。
 
 
つまりから体から本来排出されていなければならない量の水分が排出されないということは、それと一緒に排泄されるべき老廃物が体の中に蓄積されてしまいます。
 
 
そうなると体はどうしても疲れやすくなります。ですので、毎日1.5リットルから2.0リットルくらいの水を飲むべきなのですが、ほとんどの方は飲まれていません。
 
 
 
 
えっ水にダイエット効果があるの?!
 
 
水を飲むことによって体の中は冷えますので、一時的に体温が下がりますが、人間の体には下がった体温戻そうとする働きがあります。これがカロリーを消費している状態です。
 
 
寒いと温かいコーヒーやお茶を飲んでしまいがちですが、冬でも常温の水を飲むことによって基礎代謝のアップにつながり、脂肪が燃焼しやすい、太りにくい体になるんです。
 
 
とくに冬場の今ぐらいの時期は師走ということで何かと忙しいためストレスが溜まりますよね。しかも忘年会シーズンなので暴飲暴食しやすい時期です。
 
 
普段から適量の水を飲むことによって暴飲暴食を抑えてくれますし、仮に普段よりも食べ過ぎたりしても、すぐに元に戻ります。それだけ水は私たちにとって大切なんです。
 
 
 
 
水を飲むタイミングと飲む量について!
 
 
毎日1.5リットルから2.0リットルくらいの水を飲むべきと申し上げましたが、必ず何度かに分けてその量を飲んで下さい。いきなり過剰の水を飲むのは厳禁です。
 
 
一気に大量の水を飲むと胃に余計な負担がかかって胃液を薄めてしまうからです。そうすると消化不良を起こしてしまい、余計に疲れやすくなってしまいます。
 
 
ですので、1回あたり最大で200ml程度であれば問題ありませんので、朝昼晩にわけて適量を飲むようにこころがけてください。そうすれば全く問題ありません。
 
 
また水を飲むのに適した時間帯についてですが、まず朝目覚めたとき、午前10時、午後3時、入浴前と就寝前に飲むのを基本とし、足りない分は他の時間帯に飲みましょう。
 
 
尿を作る腎臓という臓器は非常に賢い臓器でして、水を飲み過ぎたときにはその水を排泄するように働きます。
 
 
きちんと食べている人であれば、たとえ1日に10リットルの水を飲んだとしても不必要な分は体から排泄されますので、どうぞご安心下さい。
 
 
 
 
朝は必ず水を飲みましょう!
 
 
人は寝ている間にかなり汗をかいています。数時間の間に相当量の水分を失っていますので、水分補給する意味で水を1杯のむことが心と体にとって非常に大切です。
 
 
朝たった1杯水を飲むだけで血栓・動脈硬化・心筋梗塞・高血圧・便秘・喘息・肺炎・気管支炎など呼吸器全般、尿路結石、痛風、胆石といった病気の予防にもなります。
 
 
 
 
食後はできるだけ水を飲まないようしましょう!
 
 
食後3時間は、胃腸が消化吸収を行っているので、この間に大量の水が入ってくると、消化液がうすめられることとなり、胃腸に余計な負担をかけることになります。
 
 
胃液は酸性なので、その胃液が大量の水によって薄まると、食べ物が胃に滞在する時間が増えてしまうため、必然的に消化が悪くなりますので、十分注意してください。
 
 
 
 
お風呂あがりの水分補給について!
 
 
風呂あがりの一杯ほどビールを美味しく感じる瞬間はないですよね。私も以前はよくやりました。しかし、これは体にとってはあまりよくない行為なのでご注意下さい。
 
 
というのも、お風呂に入っていると自然と汗をかくので、どんどん脱水症状が進行します。
 
 
そうなると血液のドロドロ化が進むので、そこでビールを飲んでしまうとアルコールの作用によって血圧が上がるので、血管に大きなストレスがかかります。
 
 
 
 
夜に1杯の水を飲む重要性について!
 
 
トイレが近くなるという理由から、中高年の方の中には寝る前には一切水を飲まない方もいますが、正直これはオススメできません。
 
 
夜寝る前の水は、夜中に血液がドロドロになるのを防いでくれる大切な水であるということを理解してください。これにより生活習慣をしっかり予防してくれます。
 
 
 
 
お酒を呑んだらしっかり水分補給する!
 
 
お酒を飲むと大量の水分が尿として排出されてしまいます。通常、ビール1リットルに対して、尿の量は1.5リットルにもなってしまうんです。
 
 
つまり飲んだ量の1.5倍の水分が、短時間で尿として体外に排出されてしまうので、しっかり水分補給しなければなりません。そうすることによって二日酔いも抑えられます。
 
 
  
出典:【簡単ダイエット.TV】自宅で手っ取り早く痩せる方法
 
「水でダイエット?実は効果が高い
 水飲みダイエットで痩せる方法」
 







 カテゴリ