shutterstock_181675283.jpg




更年期障害とは?
 
 
更年期とは、閉経期に卵巣の働きが著しく低下することを指します。
 
 
その期間は人によって異なりますが、だいたい10年程度とされています。
 
 
これまで女性特有の病気として捉える向きが強かったのですが、男性でも更年期障害を引き起こすケースが少なくありません。またその症状も個人差があり千差万別です。
 
 
更年期障害特有の症状全てを発症し、苦しめられる人もいれば、発症してもその程度が弱かったりといった具合に更年期障害の症状は人によって大きな差があるのも事実です。
 
 
閉経期に入る前に更年期障害特有の様々な症状に苦しめられる方が少なくありません。
 
 
女性のホルモンは絶妙としかいいようのない優れたバランスを保っています。
 
 
まず脳にある「視床下部」で「ゴナドトロピン放出ホルモン」が作られます。
 
 
そして、「下垂体」では「卵胞刺激ホルモン」が作られます。
 
 
これらの働きによって「卵巣」で「エストロゲン」というホルモンが作られます。
 
 
エストロゲンが作られると視床下部はゴナドトロピン放出ホルモンの量を抑えるために、作る量を減らしていきます。これによって女性ホルモンのバランスが保たれます。
 
 
こうした仕組みをフィードバックといいます。しかし、更年期に入ると卵巣の機能そのものが低下してしまうため、エストロゲンを作ることができなくなってしまいます。
 
 
そうすると視床下部は、卵巣の働きを活発化させてエストロゲンを作らせようとします。そのためにゴナドトロピン放出ホルモンを沢山作ってしまいまうのです。
 
 
しかし、どんなに作っても卵巣の機能が低下しているので、エストロゲンは作られません。
 
 
そして、視床下部はどんどんゴナドトロピン放出ホルモンの量を増やしていきます。
 
 
そうした影響がもろに女性の心と身体に影響します。
 
 
  
 
更年期障害の症状とは?
 
 
更年期障害になると以下の様な症状に苦しめられます。
 
 
(1)のぼせ
 
(2)発汗
 
(3)手足の冷え
 
(4)耳鳴り
 
(5)めまい
 
(6)頭痛
 
(7)肩こり
 
 
更年期障害によって、自律神経失調症特有の症状に苦しめられる方が多いです。
 
 
自律神経性更年期障害で圧倒的に多いのがホットフラッシュという発汗などの症状です。
 
 
ホットフラッシュは閉経期の女性の40〜80%にみられ、症状の期間についてですが、人によっては1年程度もとの状態に戻りますが、長い人は10年以上苦しめられます。
 
 
また、憂うつ、無気力、イライラといった精神症状は閉経女性の約40%にみられます。日本の更年期女性は、ホットフラッシュよりも肩こりや憂うつが多いとされています。
 
 
 
 
更年期障害の治療について
 
 
更年期障害の程度は、本人と本人を取り巻く様々な環境に大きく影響されます。
 
 
このため生活習慣や栄養のとり方、休みの取り方などを早い段階で見直す必要があります。そうすることによって、閉経後に起こりうる様々な病気の予防にも役立てられます。
 
 
ホットフラッシュなどの自律神経失調症状には、エストロゲンによるホルモン補充療法(HRT)や自律神経調整薬などを投与する薬物療法が行われるのが一般的です。
 
 
一方、自律神経性更年期障害は、ホルモン補充療法が一般的です。
 
 
早い人ですと1カ月程度でその症状が飛躍的に改善します。
 
 
また、精神症状性更年期障害は、向精神薬などの薬物療法と精神療法が有効です。
 
 
しかし、エストロゲンの欠乏による精神症状の場合は、ホルモン補充療法が効果的な場合もあるので、医師としっかり話し合って治療を進めていく必要があります。
 
 
また、人によってはエストロゲンと似た働きをする「エクオール」という成分のサプリを摂取して、自身の心と身体の体調管理に努めている方もいらっしゃいます。
 
 
 
 
出典動画:吉田たかよし先生
 
「更年期障害 」