美容関連のカテゴリ記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

カテゴリ:美容関連

美容関連のカテゴリ記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
今日つらいことがあったぶん...

美容関連
【 今日つらいことがあったぶん... 】今日つらいことがあったぶん 明日はいいことがあるかもしれない。 そりゃつらい日だってあるよ。 それでも前を向くから人は強く…

記事を読む

肩甲骨はがしで姿勢が美しい背中美人に!!肩甲骨ストレッチで痩せる体質へ改善!!

美容関連
背中美人!憧れますよね。◆肩甲骨ストレッチとは?  今回のテーマは「肩甲骨ストレッチ」です。肩甲骨ストレッチによって周辺の筋肉を鍛えることによって姿勢が素晴ら…

記事を読む

水を飲むだけで美容と健康効果が凄い!!水を飲むだけで得られる6つのメリットとは?!

美容関連
水を飲む習慣を身につけて美容と健康を手に入れましょう。 ◆水は命そのもです  我々人間の体は成人で約60%、子どもで約70%が水分で構成されているわけですから…

記事を読む

今日つらいことがあったぶん...



14656321_668148746681252_6184584250145931712_n.png




【 今日つらいことがあったぶん... 】


今日つらいことが

あったぶん
 

明日はいいことが

あるかもしれない。


 
そりゃ

つらい日だってあるよ。
 


それでも前を向くから

人は強くなる。
 
 
 
〜 ドラえもん 〜
 


 カテゴリ
 タグ

肩甲骨はがしで姿勢が美しい背中美人に!!肩甲骨ストレッチで痩せる体質へ改善!!



5952351809_fa7eac30d8_b.jpg






背中美人!憧れますよね。




◆肩甲骨ストレッチとは?
 
 
今回のテーマは「肩甲骨ストレッチ」です。肩甲骨ストレッチによって周辺の筋肉を鍛えることによって姿勢が素晴らしい背中美人になれるといった記事を沢山目にしました。
 
 
これほどまで専門性の高い内容を分かりやすく解説している記事はそうお目にかかれないので、今回私がおすすめする肩甲骨はがしの実演動画と合わせてご紹介させて下さい。
 
 
肩甲骨ストレッチによって太りにくい体質になるメカニズムを分かりやすく解説しています。肩甲骨周辺の筋肉を鍛えたりストレッチしたりするのが今現在流行ってますよね。
 
 
関連する記事や動画が溢れているので、今後さらに人気が拡大すると思っています。なぜこれほどまでに注目を集めているかというと、肩甲骨は普段中々意識して使うことがないため、これを意識して鍛えることによって、沢山の恩恵が得られます。
 
 
例えば姿勢が良くなる、肩こりや腰痛が解消、太りにくい体質へと改善するなどです。今回ご紹介させていただく動画は本当に凄い効果があるので、是非実践してください。








【痩せる体質ストレッチ】肩甲骨のストレッチで目指せ背中美人!第3の脂肪細胞『ベージュ脂肪細胞』に注目!
 
 
パーソナルトレーナー:生西 聖治
 
 
 
今回は肩甲骨周りのストレッチを紹介いたします。と言うと『褐色脂肪細胞』という言葉が思い浮かぶ人もいるでしょう。
 
 
褐色脂肪細胞は低体温や過度のエネルギー貯蓄を防ぐため、細胞内の豊富なミトコンドリアで白色脂肪細胞を燃焼させ、熱を生成する働きを持つ細胞です。
 
 
このことから、褐色脂肪細胞が多い人や、働きが活発な人は太りにくいとされています。
 
 
褐色脂肪細胞の活性化については、今のところ以下の2つが報告されています。
 
 
 
1:食事による熱生産
 
特に唐辛子に含まれる低刺激性誘導体であるカプシエイト類を含んだ食品の摂取。
 

 
2:寒冷刺激による熱生産
 
褐色脂肪細胞が分布する箇所を直接冷やしたり、冷水シャワーを浴びたり、温度センサーとしての働きを持つ手の平で凍らせたペットボトルを持ち、脳に『冷たい』という信号を送る。以上2つです。



肩甲骨周辺には褐色脂肪細胞が多く分布することから話が飛躍し、肩甲骨を動かすと褐色脂肪細胞が活性化される、と書いている記事もありますが...
 
 
今のところ両者に直接的な関係がある事は報告されていません。褐色脂肪細胞の研究自体、まだ歴史の浅い分野ですので、今後の研究を楽しみに待ちましょう。
 
 
「なーんだ。肩甲骨を動かしても褐色脂肪細胞は活性化しないのか」とガッカリしないでください。
 
 
たとえ両者に直接的な関係が無いとしても、肩甲骨周辺の筋肉を鍛えたりストレッチしたりすることは、タルミのない綺麗なシルエットの形成には必須ですし
 
 
筋肉による熱生産で代謝は上がりますし、肩凝りや頭痛の予防にも繋がります。
 
 
そして何より褐色脂肪細胞と似たような働きをする新たな脂肪細胞『ベージュ脂肪細胞』の発現と活性化には、どうやら運動は必須の条件となりそうなのです。
 
 
 
 
◆第3の脂肪細胞:『ベージュ脂肪細胞』とは?
 
 
ベージュ脂肪細胞は褐色脂肪細胞より更に歴史が浅く、その働きと名前が明示されたのは2012年で、ハーバード大学の医学部チームが医学誌『cell』に発表した時です。
 
 
ベージュ脂肪細胞は褐色脂肪細胞とよく似た働きをすることから、次世代の肥満治療やダイエットサプリの一要素として注目されています。
 
 
褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞とで全く違う点をあげるとしたらその起源です。
 
 
褐色脂肪細胞が、筋細胞と同じ系統から発生するのに対し、ベージュ細胞は白色脂肪細胞に何かしらの発現要因が加わって、褐色脂肪細胞と同じような構造を持ち同じような働きをする細胞へと変化したモノです。
 
 
そのベージュ脂肪細胞の発生や活性化には、寒冷刺激、もしくは運動が深く関係している事はほぼ間違いないようです。
 
 
運動時に放出される「イリシン」というホルモンとの関係。どの程度の強度の運動が適しているのか?どのぐらいの効果が期待できるのか?一度ベージュ脂肪細胞になったら、もう白色脂肪細胞には戻らないのか?など、今後の研究報告が待たれます。
 
  
 
【出典】 Doctors Me 






出典:【和歌山の整体「廣井整体院」】






水を飲むだけで美容と健康効果が凄い!!水を飲むだけで得られる6つのメリットとは?!



117_2016012718435763b.png






水を飲む習慣を身につけて美容と健康を手に入れましょう。
 



◆水は命そのもです
 
 
我々人間の体は成人で約60%、子どもで約70%が水分で構成されているわけですから、水と切り離して生命を維持していくことができません。まさに命の水です。
 
 
今だにテレビや雑誌で「水の効能」について特集されることがありますが、健康のために「1日1.5リットル〜2リットルの水を飲みましょう」といったことが言われています。
 
 
人間は1日に汗や尿で平均して2リットル以上の水が体内から排出されるので、健康を維持するためにも水分補給として毎日2リットル程度は本来飲むべきなんです。
 
 
しかし、現代人の多くがお茶やコーヒー、またはジュースやお酒などを積極的に飲むため、意識して色の全くついていない水を飲もうとはしなようです。
 
 
今回は毎日無理なくみなさんに水を飲んでいただくために、「水の凄い効果」について分かりやすくまとめさせて頂きました。
 


 
◆水を飲むだけで得られる凄いメリットとは?
 
 
(1)体本来の機能が活性化する
 
水をの摂取する量が極端に少なくなって体の水分含有量が減ってしまうと、体は自然と体温が上がったり、やる気がなくなったり、疲労が増加するなど著しく健康が悪化します。
 
 
水を飲むことによって、体の水分含有量が元の状態に戻れば体本来の機能が活性化するので、心と体の健康を維持しやすくなります。
 
 

 
(2)脳が活性化する
 
水を飲むことによって良い影響を与えるのは体だけではありません。逆に水分不足に陥ってしまうと脳にも大きな影響があらわれることが研究結果によって証明されています。
 
 
水分が不足するまず記憶力が低下しますし、仕事の能率が下がることも明らかになっているわけですが、次第にやる気がなくなるなど、気分的な落ち込みがひどくなっていきます。
 
 
うつ病などの精神疾患を心の病気といったふうに言われることが多いですが、実際には脳の病気なので、脳の状態を常に正常に保つためにも水をきちんと飲むことが大切です。
 
 
 
 
(3)頭痛を予防する
 
最近は女性を中心に片頭痛に悩まされるケースが増えています。直接的な原因ではないかもしれませんが、かなりの部分でストレスが大きく影響しているように思われます。
 
 
ストレスをのまま放置してしまうと水分不足に陥りやすいです。逆にいうと水分をきちんと補給してやることによってストレスを抑えてくれます。
 
 
事実水分不足が原因で頭痛を引き起こしてしまうことが事実として証明されています。
 
 
頭痛にもいくつかのタイプがありますので、一概には言えませんが、水をきちんと飲むことによって頭痛の症状を和らげてくれることもすでに証明されています。
 
 
 
 
(4)便秘の解消
 
水をきちんと補給してあげることで便秘も解消できます。慢性的な便秘に苦しんだ経験がある方の多くが慢性的な水分不足の可能性が高いです。
 
 
一部を除いてお茶やコーヒーのような色がついている物を飲んでも便秘の解消にはつながらないケースが多いので、便秘を解消するためにも、しっかり水を飲みましょう。
 
 
 
 
(5)二日酔い解消
 
つい盛り上がり過ぎてお酒を飲み過ぎてしまうと翌日に辛い二日酔いに苦しめられることになります。二日酔いを解消するにはアルコールを代謝させることが有効です。
 
 
アルコールは利尿作用が非常に高いので、体は水分不足の状態に陥りやすくなってしまいます。ですので、お酒を飲むさいには普段以上に水分摂取が必要になります。
 
 
アルコールを飲んだ後に水分をたくさん摂ることによって辛かった二日酔いの症状が改善されることを実感されたことがあるかと思います。できるだけ水を飲みましょう。
 
 
 
 
(6)ダイエット
 
食事前に1杯の水を飲むことによって空腹感が一時的に和らぐため食べ過ぎを防止できるといわれています。こうすることで1回の食事を腹八分目で満足できるようになります。
 
 
ただし、コップ1杯以上の水を飲んでしまうと、消化に悪影響を及ぼしますので飲み過ぎないように注意してください。
 
 
もちろん水には何らダイエットにつながる成分が含まれていませんので、水を飲んだからといって痩せるわけではありませんが、食べ過ぎを防止できるのは大きなメリットです。
 
 
心と体に優しい水を毎日1.5リットル以上飲むとなると、コップにして大体8杯くらいになります。慣れるとどうということはないので、是非水を飲む習慣を身につけましょう。





出典:【katochan33さん】






 
Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます