美容関連のカテゴリ記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

カテゴリ:美容関連

美容関連のカテゴリ記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
足の裏のカサカサやむくみに悩んでいませんか?!むくみなどの足トラブルはこれで解消できます!!

美容関連
 足の裏のカサカサ・むくみなど足のトラブルにお悩みの方必見です。      ◆怖い足のトラブルとは?  今回ご紹介するのは、「足のトラブル解消法」です。  今…

記事を読む

今日つらいことがあったぶん...

美容関連
【 今日つらいことがあったぶん... 】今日つらいことがあったぶん 明日はいいことがあるかもしれない。 そりゃつらい日だってあるよ。 それでも前を向くから人は強く…

記事を読む

肩甲骨はがしで姿勢が美しい背中美人に!!肩甲骨ストレッチで痩せる体質へ改善!!

美容関連
背中美人!憧れますよね。◆肩甲骨ストレッチとは?  今回のテーマは「肩甲骨ストレッチ」です。肩甲骨ストレッチによって周辺の筋肉を鍛えることによって姿勢が素晴ら…

記事を読む

足の裏のカサカサやむくみに悩んでいませんか?!むくみなどの足トラブルはこれで解消できます!!



1407043top.jpg





 
足の裏のカサカサ・むくみなど足のトラブルにお悩みの方必見です。
    
 
 
◆怖い足のトラブルとは?
 
 
今回ご紹介するのは、「足のトラブル解消法」です。
 
 
今の時期は足の裏が乾燥してカサカサになったり、長時間のデスクワークなどで足はむくみがちです。また最近は外反母趾が女性だけでなく、男性や子どもの間でも広がっているだけに、足の病気は十分注意する必要があります。
 
 
ちなみに足のトラブルで悩まされる上位3位は以下の通りとなっています。
 
 
(1)むくみ
 
(2)足の裏のかさかさ
 
(3)ひざの黒ずみ

 
 
これら全て生活習慣を変えることで飛躍的に改善されるようです。
 
 
 
 
◆ひざの黒ずみの原因とは?
 
 
ひざの黒ずみは、ひざを圧迫することでおこります。これはひざへの刺激をメラニンが守ろうとするためです。
強い刺激を受けると、それに応じてメラニンが増えてしまいます。できるだけ刺激を避ける事によって、メラニンが生成されにくい状態にすると、ひざが黒くなるのを避けられます。
 
 
この黒ずみを取る方法ですが、体を洗うとき石鹸を泡立てて、そのうえに軽く塩をかけてあげると、塩の成分が角質を落としてくれるので、キレイになります。
 
 
皮膚の再生はどんなに早くても1ヶ月くらいかかるので、気になるようでしたら今すぐ始められることをおすすめします。
 
 
 
 
◆冷え性の原因とは?
 
 
冷え性の原因に血流があげられます。
冷え性の人は血流が足先まで正常ではなく何らかの原因により、血流が妨げられてしまったことによっておこります。
 
 
その原因は、「O脚」です。O脚を改善しなければなりません。
 
 
O脚を改善する方法は椅子に深く腰掛けて、つま先を外側に広げて、脚を閉じる姿勢を毎日5分程度行なうだけです。改善されるそうですから、これはやらない手はありませんね。
 
 
 
 
◆足のうらのカサカサを解消するには?
 
 
第二位はカサカサかかとです。
 
 
足の裏には皮脂がないので、基本的に誰もが乾燥肌なんですが、さらに乾燥がすすむとパックリ割れてしまい、
あまりの激痛に歩くことも困難になります。
 
 
乾燥がさらに進んでまうと「蜂窩織炎」(ほうかしきえん)になってしまいます。蜂窩織炎になると左右で足の大きさ、太さが異なり、こちらも日常生活に支障をきたしてしまいます。
 
 
なぜこのようになるかというと、足の裏のひび割れ部分からブドウ球菌という細菌が入り込み、皮膚の下で感染してパンパンに腫れあがってしまうからです。
 
 
改善する方法ですが、そのままクリームを塗っても効果が期待できません。カサカサした表面部分はしっかり削り、入浴後にクリームを塗ると皮膚に良く浸透しますので、徐々に改善されます。
 
 
めんどうだからといって、入浴中に足のカサカサ部分を削る人が少なくありません。しかし、皮膚がふやけている状態で削ると削りすぎてしまうので、注意が必要です。
 
 
 
 
◆むくみを解消するには?!
 
 
第一位のふくらはぎのむくみです。
 
 
むくみの原因は、余分な水分や血液が溜まってしまうためです。また、足の筋肉が運動不足などを理由に衰えているため、足で循環させるための力がない点も大きな原因です。
 
 
美脚の人の特徴として、バランスのとれた筋肉があるので、むくみにくいんですね。内転筋などは血液を心臓へ送り戻すポンプの役割を果たしているので、ここを鍛えるとむくみにくい足になります。

 
 

 
 
 
 
 カテゴリ

今日つらいことがあったぶん...



14656321_668148746681252_6184584250145931712_n.png




【 今日つらいことがあったぶん... 】


今日つらいことが

あったぶん
 

明日はいいことが

あるかもしれない。


 
そりゃ

つらい日だってあるよ。
 


それでも前を向くから

人は強くなる。
 
 
 
〜 ドラえもん 〜
 


 カテゴリ
 タグ

肩甲骨はがしで姿勢が美しい背中美人に!!肩甲骨ストレッチで痩せる体質へ改善!!



5952351809_fa7eac30d8_b.jpg






背中美人!憧れますよね。




◆肩甲骨ストレッチとは?
 
 
今回のテーマは「肩甲骨ストレッチ」です。肩甲骨ストレッチによって周辺の筋肉を鍛えることによって姿勢が素晴らしい背中美人になれるといった記事を沢山目にしました。
 
 
これほどまで専門性の高い内容を分かりやすく解説している記事はそうお目にかかれないので、今回私がおすすめする肩甲骨はがしの実演動画と合わせてご紹介させて下さい。
 
 
肩甲骨ストレッチによって太りにくい体質になるメカニズムを分かりやすく解説しています。肩甲骨周辺の筋肉を鍛えたりストレッチしたりするのが今現在流行ってますよね。
 
 
関連する記事や動画が溢れているので、今後さらに人気が拡大すると思っています。なぜこれほどまでに注目を集めているかというと、肩甲骨は普段中々意識して使うことがないため、これを意識して鍛えることによって、沢山の恩恵が得られます。
 
 
例えば姿勢が良くなる、肩こりや腰痛が解消、太りにくい体質へと改善するなどです。今回ご紹介させていただく動画は本当に凄い効果があるので、是非実践してください。








【痩せる体質ストレッチ】肩甲骨のストレッチで目指せ背中美人!第3の脂肪細胞『ベージュ脂肪細胞』に注目!
 
 
パーソナルトレーナー:生西 聖治
 
 
 
今回は肩甲骨周りのストレッチを紹介いたします。と言うと『褐色脂肪細胞』という言葉が思い浮かぶ人もいるでしょう。
 
 
褐色脂肪細胞は低体温や過度のエネルギー貯蓄を防ぐため、細胞内の豊富なミトコンドリアで白色脂肪細胞を燃焼させ、熱を生成する働きを持つ細胞です。
 
 
このことから、褐色脂肪細胞が多い人や、働きが活発な人は太りにくいとされています。
 
 
褐色脂肪細胞の活性化については、今のところ以下の2つが報告されています。
 
 
 
1:食事による熱生産
 
特に唐辛子に含まれる低刺激性誘導体であるカプシエイト類を含んだ食品の摂取。
 

 
2:寒冷刺激による熱生産
 
褐色脂肪細胞が分布する箇所を直接冷やしたり、冷水シャワーを浴びたり、温度センサーとしての働きを持つ手の平で凍らせたペットボトルを持ち、脳に『冷たい』という信号を送る。以上2つです。



肩甲骨周辺には褐色脂肪細胞が多く分布することから話が飛躍し、肩甲骨を動かすと褐色脂肪細胞が活性化される、と書いている記事もありますが...
 
 
今のところ両者に直接的な関係がある事は報告されていません。褐色脂肪細胞の研究自体、まだ歴史の浅い分野ですので、今後の研究を楽しみに待ちましょう。
 
 
「なーんだ。肩甲骨を動かしても褐色脂肪細胞は活性化しないのか」とガッカリしないでください。
 
 
たとえ両者に直接的な関係が無いとしても、肩甲骨周辺の筋肉を鍛えたりストレッチしたりすることは、タルミのない綺麗なシルエットの形成には必須ですし
 
 
筋肉による熱生産で代謝は上がりますし、肩凝りや頭痛の予防にも繋がります。
 
 
そして何より褐色脂肪細胞と似たような働きをする新たな脂肪細胞『ベージュ脂肪細胞』の発現と活性化には、どうやら運動は必須の条件となりそうなのです。
 
 
 
 
◆第3の脂肪細胞:『ベージュ脂肪細胞』とは?
 
 
ベージュ脂肪細胞は褐色脂肪細胞より更に歴史が浅く、その働きと名前が明示されたのは2012年で、ハーバード大学の医学部チームが医学誌『cell』に発表した時です。
 
 
ベージュ脂肪細胞は褐色脂肪細胞とよく似た働きをすることから、次世代の肥満治療やダイエットサプリの一要素として注目されています。
 
 
褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞とで全く違う点をあげるとしたらその起源です。
 
 
褐色脂肪細胞が、筋細胞と同じ系統から発生するのに対し、ベージュ細胞は白色脂肪細胞に何かしらの発現要因が加わって、褐色脂肪細胞と同じような構造を持ち同じような働きをする細胞へと変化したモノです。
 
 
そのベージュ脂肪細胞の発生や活性化には、寒冷刺激、もしくは運動が深く関係している事はほぼ間違いないようです。
 
 
運動時に放出される「イリシン」というホルモンとの関係。どの程度の強度の運動が適しているのか?どのぐらいの効果が期待できるのか?一度ベージュ脂肪細胞になったら、もう白色脂肪細胞には戻らないのか?など、今後の研究報告が待たれます。
 
  
 
【出典】 Doctors Me 






出典:【和歌山の整体「廣井整体院」】






Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます