健康関連のカテゴリ記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
不安になって思い悩む時はありませんか?!そんな不安神経症の原因と主な症状とは!!

健康関連
生きていれば色々あります  皆さんはどうですか?  生きていれば色々ありますが、不安に思い悩むことってないですか?私もそのひとりですが…..    ◆不安神経症…

記事を読む

血管年齢を若く保つために必要なこととは?!自分の血管年齢を知ることって大事かも!!

健康関連
■今回のテーマは「血管年齢」  今回は、血管年齢について解説してます。先に下にある吉田たかよし先生の動画をご覧いただくと分かりやすいと思います。  血管年齢と…

記事を読む

1日たった5分の体操で視力が回復する?!それだけじゃない!頭痛や肩こりの解消やシワやたるみなど美容にも効果があります!

健康関連
■目の体操で視力回復は!  今回のテーマは「視力回復」です。『目を温めれば視力はよくなる!』の著者である中川和宏先生が自ら実演しながら視力を回復させるための体…

記事を読む

不安になって思い悩む時はありませんか?!そんな不安神経症の原因と主な症状とは!!



200324633-001.jpg




生きていれば色々あります

 
皆さんはどうですか?
 
 
生きていれば色々ありますが、不安に思い悩むことってないですか?私もそのひとりですが…..
 
 
 
 
◆不安神経症とは?!
 
 
今回はそんな『不安症』についてミルメディカルの動画を通してご紹介します。約1分の短い動画ですが、不安症について非常に分かりやすくまとめられています。
 
 
ちなみに不安症は、「パニック障害」と「全般性不安障害」の二つに分かれます。
 
 
今回は、その「全般性不安障害」を中心に分かりやすく解説されています。
 
 

» 

血管年齢を若く保つために必要なこととは?!自分の血管年齢を知ることって大事かも!!



am100_fa009.jpg




■今回のテーマは「血管年齢」

 
今回は、血管年齢について解説してます。先に下にある吉田たかよし先生の動画をご覧いただくと分かりやすいと思います。
 
 
血管年齢とは、血管の状態を測る一つの指標で、血管年齢が実年齢よりも高ければ動脈硬化がかなり進んでます。
 
 
反対に実年齢より若ければ、健康です。
 
 
メタボ対策をしっかり行なうことによって、血管年齢を若く保つことができます。
 
 
血管年齢は医療機関で簡単に調べることができます。生活習慣を改善するめの指標として測ることをオススメします。
 
 

» 

1日たった5分の体操で視力が回復する?!それだけじゃない!頭痛や肩こりの解消やシワやたるみなど美容にも効果があります!



c24a7146-1b66-4042-b9f4-66bdc97a143f.jpg




■目の体操で視力回復は!
 
 
今回のテーマは「視力回復」です。『目を温めれば視力はよくなる!』の著者である中川和宏先生が自ら実演しながら視力を回復させるための体操4つをご紹介します。
 
  
まず「目のパチパチ体操」この体操は眼球のマッサージになります。近視の人の目の特徴は眼球がだんだん伸びていきます。これを元の状態に戻すためのマッサージになります。
 
 
また「外眼筋」といいまして、眼球を動かすために必要な筋肉がありまして、これの体操でもあります。体操することによって効果的に外眼筋を鍛えることができます。
 
 
その結果、目周辺の血流の流れも良くなるので、視力も次第に回復します。
 
 
最近はパソコンやスマホで一点を長時間見ることが多いので、目の運動能力が極端に低下
しています。これが視力低下をはじめ、目の働きを低下させている原因になります。
 
 
ですので、この体操によって目の運動能力を高めることになります。
 
 
 
次に「目のツボ押し体操」です。
 
 
目には沢山のツボがあります。ツボというのは気血の流れの接点になります。血液の流れと気の流れ、そこを押すことによって、目の回りの循環を良くしていきます。
 
 
表情が固まった状態で長時間にわたり一点を見つづけると表情がなくなってしまいます。そうすると思考も低下しますし、なにより表情筋が衰えるので老け顔になります。
 
 
ですので、目の体操は目だけでなく、老け顔を解消するなど美肌効果もあります。
 
 
 
次は「指先追いかけ体操」です。この運動は目の運動能力を高める効果があります。
 
 
目の運動能力を高めることによって、脳の運動能力を高めることになるので、脳の働きを活性化してくれます。最近は目が動か
ない人が多いので、必然的に脳も動かなくなります。
 
 
記憶低下など脳の働きが悪化してしまいますので、こうした体操が必要なんですね。
 
 
 
最後は自由運動です。これにより目の動きがよくなります。目を鍛えると目が疲れにくくなるので、視力低下を予防する効果もあります。目が良い方にもおすすめです。
 
 
 
著者:中川和宏先生
 
 

» 

 カテゴリ
 タグ
Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます