健康関連のカテゴリ記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
高血圧の原因と予防法!!脳梗塞や心筋梗塞などの合併症を防ぐには?

健康関連
 ■高血圧の原因とは?  高血圧は、国民病の一つとされるくらい多くの日本人を苦しめています。  高血圧性疾患で死亡する人は年間およそ7000人程度いますが、高…

記事を読む

緊張型頭痛は命の危険性はなくても慢性化すると大変!緊張型頭痛の原因や症状について!

健康関連
緊張すると頭が痛くなる時ってないですか?私はたまにあります。今回は緊張型頭痛についてご紹介します。◆緊張型頭痛緊張型頭痛は、肩のこりなどが原因で、突発的に頭痛…

記事を読む

インフルエンザの感染が心配な時期!!インフルエンザの流行に深く関わっていたのは絶対湿度だった?!

健康関連
寒くなってきましたね。インフルエンザの感染が心配な時期になってきました。インフルエンザは例年12月から翌1月に流行し始めることが多く、2月ごろにかけてピークを迎え…

記事を読む

高血圧の原因と予防法!!脳梗塞や心筋梗塞などの合併症を防ぐには?



doctors_comp.jpg





 
■高血圧の原因とは?
 
 
高血圧は、国民病の一つとされるくらい多くの日本人を苦しめています。
 
 
高血圧性疾患で死亡する人は年間およそ7000人程度いますが、高血圧は心筋梗塞や脳梗塞などの合併症リスクが高いので、実際の死亡原因はもっと高いとされています。
 
 
ちなみに高血圧の総患者数は約800万人いますので、依然として増えています。
 
 
塩分の高い食事は身体によくないということが世間では広く知られていますので、年々減少傾向にあるのですが、それでも高血圧に苦しむ人たちは減る気配がありません。
 
 
やはり日常生活におけるストレスが大きな原因の一つとなっているようで、食事などをいくら制限しても、なかなかこの点をカバーするのが難しいようです。
 
 
とくに最近はどこの業界、業態もコンプライアンスの厳格化で労働者一人あたりの負担がより大きくなっているなど、ストレスが増え続ける大きな原因となっています。
 
 
高血圧はいわゆるメタボリックシンドロームの原因の一つとされていながらも、具体的な症状が出にくため治療せずにそのまま放置してしまうケースが非常に多いです。
 
 
しかし、高血圧はサイレント・キラーといわれるように、ある日命の危険にさらされるような重度の疾患を患うリスクが非常に高いだけに、放置することは許されません。
 
 
 
 
■日本人は高血圧になりやすい?
 
 
ちなみに高血圧の一般的な定義は以下のとおりとなります。
 
 
「収縮期の血圧が140以上、拡張期の血圧が90以上の場合」
 
 
しかし、実際には収縮期の適切値120を超えている場合は要注意です。
 
 
高血圧を放置してしまうと、必然的に「動脈硬化」を引き起こすリスクが高まりますので、脳梗塞や、心筋梗塞といった成人病を発症するリスクも同時に高まることになります。
 
 
一日の塩分の適量は6gとされている中で、日本人は1日あたり12g摂取しているので、倍以上摂取しているわけですから、国民病となるほど高血圧に苦しむ人が多いんです。
 
 
先に申し上げた通り、これまで高血圧の原因として最も大きな割合を占めているのが、過剰な塩分の摂取でして、高塩分の食事は血の流れを著しく悪化させてしまいます。
 
 
塩分は人が生きていくうえで欠かすことができませんが、塩分を過剰に摂取してしまうと、血液に含まれるナトリウムの濃度も同時に高まりますのでアンバランスが起こります。
 
 
このためバランスを取るために水分量を増やすように求めることから、血液はその分余計に水分を維持しなくてはならなくなるので、その結果として高血圧となります。
 
 
高血圧が続くと血管に圧力がかかるので血管が次第に劣化し、動脈硬化を引き起こします。ですので、塩分を控える必要がありますが、最近はかなり改善されつつあります。
 
 
 
 
■高血圧を改善するには?
 
 
中高年を中心に塩分のとり過ぎに注意するようになっていますし、大手食品メーカー各社が自社製品の塩分を抑えているので、日本人の塩分摂取量は確実に減少傾向にあります。
 
 
しかし、高血圧は改善されていません。むしろ増えています。
 
 
繰り返しになりますが、その原因としてストレスがあげられます。
 
 
このため自力で高血圧を改善するのが非常に難しいとされています。
 
 
高血圧を改善するためには医療機関を受診する必要がありますが、体調が悪化しない限り、まず受診しないので、せめて40歳を過ぎたら定期的に健診を受けて下さい。
 
 
そこで何らかしらの問題があると診断されれば、医師の指示にきちんと従って、生活習慣を改善しなければなりません。具体的には食事療法と運動療法です。
 
 
塩分を抑えたバランスの良い食事、ウォーキングやストレッチなどの適度な運動を習慣的に行なう必要があります。またストレスを抑えるために睡眠も非常に重要です。
 
 

 
 
出典:【アスコムチャンネル】
 
 




 カテゴリ

緊張型頭痛は命の危険性はなくても慢性化すると大変!緊張型頭痛の原因や症状について!



image.jpg




緊張すると頭が痛くなる時ってないですか?私はたまにあります。今回は緊張型頭痛についてご紹介します。





◆緊張型頭痛


緊張型頭痛は、肩のこりなどが原因で、突発的に頭痛に襲われます。


医療機関で診てもらえばすぐに痛みから開放されるのですが、頭痛を軽視している人が多いので、医療機関を受診しません。


しかし、強い痛みに襲われ、市販薬を服用して治療を先伸ばしするのは危険です。


市販薬が全く効かなくなったり、痛みが慢性化することも少なくないので、そうなる前に受診しましょう。




◆緊張型頭痛とは?


緊張型頭痛とは疲れや精神的ストレスが関係してこめかみ、肩、首などの筋肉が緊張するために起きる病気です。


緊張型頭痛は障害を残すことなく慢性的に繰り返しますが、症状が激しく何回起こっても命の危険性のない頭痛です。


緊張型頭痛は、日本人の約20%に見られます。




◆緊張型頭痛の原因


緊張型頭痛の原因は頭、首、肩にかけての筋肉が緊張して血流が悪くなり、疲労物質が筋肉にたまって神経を刺激するために痛みが起こります。


筋肉の緊張は眼精疲労や、精神的なストレスや肩の凝りが原因で起こります。


頭痛が始まると、痛みによって筋肉の緊張や血流が悪くなり、頭痛がさらに酷くなるという悪循環になります。


このような緊張型頭痛の悪循環ができると頭痛はダラダラといつまでも続くのです。




◆緊張型頭痛の症状


(1)
徐々に始まり、肩が凝る、首筋が張るなどの訴えとともに後頭部の鈍痛として認められることが多くなります。
      
   
(2)
痛みというよりも圧迫される感じ、重い感じ、締め付けえる感じ、何かをかぶった感じ、鉢巻きで締め付けられるようだと表現されることもあります。
   
        
(3)
痛みの強さが軽度から中程度のことが多いです。
   
      
(4)
頭痛は一週間から十日ほど続くことが多いのですが、ときには一ヶ月のうち15日以上ほとんど毎日頭痛が続くこともあります。
   
   
  

◆緊張型頭痛の検査


緊張性頭痛は脳組織に異常をきたさないため、検査では診断できません。




◆緊張型頭痛の診断


緊張性頭痛の診断は問診が中心です。


いつ、どのように起こったのか、どのくらい続いているか、以前起こったことがあるのか、他の症状があるかなどを問診します。




◆緊張型頭痛の治療法


緊張性頭痛の治療は薬物療法が中止になります。


薬物療法は、消炎鎮痛薬、禁筋弛緩薬、抗不安薬などを内服します。


筋弛緩薬は肩こりなどで血流の悪くなった筋肉を柔らかくする作用があります。


抗不安薬は緊張した筋肉の張りを和らげる作用があります。


また頭痛発作時には緊張型頭痛の治療薬として消炎鎮痛薬などの速攻ある薬を使います。


筋弛緩薬や抗不安薬などの組み合わせて使うこともあります。




◆日常生活の注意点


(1)
首や肩の運動するようにしましょう。


(2)
肩や首を温シップや温熱療法で温めるのも有効です。
   
      
(3)
枕を低くする、歯や顎の機能の治療で治ることもあります。
   
      
(4)
精神的ストレスを浄化しましょう。




◆緊張型頭痛の注意点


慢性的に痛み止を使用し続けていると、薬物乱用性頭痛となることがありますので注意が必要です。





出典:【新宿駅前クリニック 内科】






インフルエンザの感染が心配な時期!!インフルエンザの流行に深く関わっていたのは絶対湿度だった?!



shutterstock_118647259.jpg




寒くなってきましたね。
インフルエンザの感染が心配な時期になってきました。インフルエンザは例年12月から翌1月に流行し始めることが多く、2月ごろにかけてピークを迎えます。
 
 
インフルエンザの流行には「絶対湿度」が深く関わっているといわれています。この「絶対湿度」とは何なのか、そして、どういった対策をとればよいのか。Youtube動画で詳しく解説されています。
 
 
 

 
◆絶対湿度とは?
 
 
絶対湿度とは、空気中に含まれる水蒸気の量のことで、私たちが普段よく耳にする湿度とは少し違います。例えば、空気をビーカーのような入れ物だと考えると、湿度が50パーセントの時には、「ビーカー」の半分(50パーセント)の量の水蒸気があることになります。この量が絶対湿度です。
 
 
気温が下がると、空気は水蒸気を含みにくくなります。つまり「ビーカー」のサイズが小さくなるのです。この時、仮に湿度が同じ50パーセントでも、絶対湿度は、小さくなった「ビーカー」の半分にしかなりません。元の絶対湿度と比較すると、気温の低下とともに絶対湿度も小さくなっているのが分かります。
 
 
絶対湿度は、気温が低いほど、湿度が低いほど、小さくなるのです。このため、空気が冷たく乾燥しているような日には、インフルエンザの予防・対策が特に重要になってきます。
 
 
 
 
◆予防法は?
 
 
そこで、絶対湿度に着目した有効な予防法について、東京大学医学部附属病院の亀井亮佑医師にお話を伺いました。
 
 
「インフルエンザの感染を予防するには加湿をすることが重要です。例えば、室内であれば加湿器を用いる。外出の際にはマスクを着用するなどして喉の湿度を保つことが重要だと思います。」(亀井医師)
 
 
受験生などインフルエンザが特に心配な方は、早めにワクチンを接種しておくことも大切です。
(気象予報士・徳田充宏)
 
 
 
引用先:【Yahoo!ニュース】
 
 

 
 
出典:【うまにがさん】
 




Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます