健康関連のカテゴリ記事一覧

ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。ちょっときれい!ちょっと可愛い!じゃ物足りない方のためにYoutube動画を中心に美容と健康に役立つ情報を配信しています。
脳梗塞の前兆となる症状とは?なぜ脳梗塞を引き起こしてしまうのか?

健康関連
    ◆脳梗塞とは?  脳梗塞は高血圧や動脈硬化が進んだことによって、脳にある血管に血栓が出来てしまったため血管が詰まってしまい、その結果として血液が流れ…

記事を読む

1日1回ワンセット10回やるだけで腹筋が割れる!ダイエットだけでなく腰痛予防にもなる!

健康関連
   ◆ 効果のないエクセサイズにさようなら  今回ご紹介させていただくエクセサイズは1日1回1セット10回で腹筋が割れるという大変すぐれた体幹トレーニングで…

記事を読む

腎臓がんの原因と症状について!なぜ腎臓がんが発症しているのに気づけないのか!?

健康関連
   ■腎臓がんとは?  今回のテーマは「腎臓がん」です。腎臓がんは1万人に1人が発症すると言われています。ほとんど自覚症状がなく、40歳から70歳代に多い…

記事を読む

脳梗塞の前兆となる症状とは?なぜ脳梗塞を引き起こしてしまうのか?


s900x480_急性主幹動脈閉塞症.jpg
 
 
  
◆脳梗塞とは?
 
 
脳梗塞は高血圧や動脈硬化が進んだことによって、脳にある血管に血栓が出来てしまったため血管が詰まってしまい、その結果として血液が流れなくなってしまう深刻な病気です。
 
 
基本的に脳の血管に血液が流れなくなると、必然的に脳組織に必要となる酸素や栄養が不足することとなり、より壊死に近い深刻な状態になってしまいます。
 
 
また、脳梗塞は、「アテローム血栓症脳梗塞」「ラクナ梗塞」「心原性脳梗栓」の3種類に分類されています。
 
 
脳梗塞を発症した患者のうち「アテローム血栓症脳梗塞」と「ラクナ梗塞」だけでその大半を占めます。また、脳梗塞の怖いところは再発リスクが非常に高い点です。
 
 
3年以内で20〜30%程度の患者が脳梗塞を再発しており、1年以内ではラクナ梗塞は4〜5%、アテローム梗塞で5〜6%、心原性梗塞で7〜8%となっています。
 
 
また、脳卒中と脳梗塞の違いについてですが、言葉が似ているので混乱しますが、基本的に脳梗塞は脳の血管に関する病気を総称した言葉ですので、脳梗塞は脳卒中の一種です。
 
 
 
 
◆脳梗塞の前兆となる症状とは?
 
 
脳梗塞を発症した患者の多くが発症する前に脳梗塞の前兆が見られます。しかし、仕事が多忙であるため会社を休むことができず、そのまま放置してしまうケースが多いです。
 
 
脳梗塞が発症する前に起こりうる症状としては顔面神経麻痺、言語障害、感覚障害などです。こうした症状が起きたときにすぐ医療機関を受診すれば脳梗塞を未然に防げます。
 
 
しかし、一度こうした症状が起きてもすぐに回復してしまうので、ただの疲労と勘違いしてしまう方が少なくありません。その結果として医療機関を受診するのを先延ばしします。
 
 
脳梗塞を引き起こす前に見られる症状とし以下の様なものがあります。
 
 
(1)突然顔や手足が麻痺し、
   片側しか動かせなくなる。
  
  
(2)ろれつが回らなくなり、
   普通に喋られない。
  
  
(3)口が開きっぱなしになり、
   ヨダレを垂れ流してしまう。
 
 
(4)強いめまいに襲われる
 
 
(5)目の焦点が合わないため
   真っ直ぐ歩くことが出来ない。
 
 
(6)平衡感覚が奪われるため、
   何でもない所でつまづく。
 
 

» 

1日1回ワンセット10回やるだけで腹筋が割れる!ダイエットだけでなく腰痛予防にもなる!


o0641043513932672277.png
 
 
 
◆ 効果のないエクセサイズにさようなら
 
 
今回ご紹介させていただくエクセサイズは1日1回1セット10回で腹筋が割れるという大変すぐれた体幹トレーニングです。
 
 
腹筋が割れるのはもちろんのこと腰回りがすっきりし、肩甲骨周辺もほどよく刺激することができるので、見た目だけでなく健康面でも大変すぐれています。
 
 
6分40秒ごろからトレーニング方法を実演しています。それまではこのトレーニングの凄さとなぜ多くの方がダイエットに失敗するのか分かりやすく解説しています。
 
 
1分かからないので、ストレスなく出来ますし、腰を痛めるリスクがほとんどないうえに腰回りに程よい筋肉をつけられるので、腰痛予防にもいいと思います。是非試して下さい。
 
 
 
   
◆ はじめに!
 
 
私はですね、簡単に自己紹介させていただくと、現役の格闘家で、元々柔道をやっていたんですけど、今ではですね、みなさんに、一般のかたに肉体改造の方法を教えていますね。
 
 
僕達の方法として「松下式体幹インナーマッスルトレーニング」というのがあるんですけど、それはもう2万人以上の方に指導させてもらって、色んな方から体を引き締めたり、ダイエットに成功させたり、といった嬉しい声を頂いています。
 
 
今日はですね、男性の方も特に、まぁ女性の方もそうなんですけど、やっぱりね「お腹を引き締めたい」、男は「腹筋を割りたい」という気持ちがあると思うんですけど
 
 
とにかくこのお腹を一生に一度でいいから腹筋を割ってみたい、まぁそこについてね、腹筋の割り方というのを皆さんにお話をしていきたいなと思うんですね。
 
 
でぇまぁちょっと前に流行った「ロングブレス」という、ああいうのはね僕達格闘家から言わせると、ああいうのは大昔からやっていることなんですね。
 
 
とくに僕達の松下式っていう体幹トレーニングの中では呼吸法とかも取り入れています。
 
 
 
 
◆ 体幹トレーニングに呼吸法を取り入れる
 
 
特に複式呼吸、腹式呼吸を取り入れることによって何がいいかというと、この呼吸法を取り入れることによってインナーマッスルを使えるんですね、インナーマッスルって言うとお腹の中の筋肉ですね。よく皆さんも聞いたことがあると思うんですけども
 
 
体幹、体幹部、コアマッスルともいわれたりするんですけど、僕たちはお腹が一番重要な筋肉で、そして、上背筋分といって肩甲骨と大臀筋、この三つの筋肉を「体幹部」と言っています。その中でも一番重要な筋肉がお腹。
 
 
お腹を割りたい、腹筋を割りたい、脂肪を落としたい時には、より呼吸法を使うことによって、お腹の中の筋肉「インナーマッスル」をコントロール、使うことができるんですね。
 
 
そうすることによって、より腹筋が割れやすくなりますし、お腹の周りの脂肪が燃焼しやすくなります。
 
 
 
 
◆ 蠕動運動とは!?
 
 
そしてみなさんが望む一番のダイエット効果を高めることができるんですね。どういうことかというと、この蠕動運動というものがあるんですけど
 
 
「この蠕動運動というはなんですか?」というと、お腹の動きなんですね、腸のうごき、この内臓部分の動きは皆さん低下している。食べ物、冷たいものを食べるだとか、あとお酒だとか、不摂生な生活でお腹の動きが弱くなるんですね。
 
 
なので胃をぐっと押したりすると、痛いなと思ったりすることがあるんですね、これって胃がすごくつかれているんです。そうすると蠕動運動、内蔵の活動が弱くなる。
 
 
そうすると人間の体っていうのは、脂肪を使いにくくなる。簡単にいうとエネルギーを使いにくくなるので、食べたものをはすべて脂肪として蓄積されていします。
 
 
これを逆にいえば呼吸法を使うことによって、お腹の中のインナーマッスルを使うことによって、この蠕動運動が活発になるんです。
 
 
そうするとその活発することによって、より痩せやすい体、脂肪を使いやすい体になるので、これらはこのインナーマッスルと呼吸法ですね、これ。
 
 
 
 
◆ 腹圧とは?
 
 
より皆さんのお腹の周りについた脂肪をなくして、より腹筋を割っていくことができるんですねぇ。そしてもう一つ呼吸法を使うと、体幹インナーマッスルを使うことによって腹圧というものが上がるんです。
 
 
腹圧とうものはどういうものかというと、お腹の中に内蔵ってありますよね。内臓って7〜8m、長い人では9mくらいあるんですね。日本人は特に長いんです。
 
 
なのでこれをお腹の中にぐっとおさえているこの圧力ですね。この圧力が腹圧なんですね。これも生活の中で腹圧がしっかりこの楕円形にかかっているのが崩れていくので、これが崩れると下っ腹がでたりしちゃうんですね。
 
  

» 

腎臓がんの原因と症状について!なぜ腎臓がんが発症しているのに気づけないのか!?


kidneylcancer.jpg

 
  
■腎臓がんとは?
 
 
今回のテーマは「腎臓がん」です。腎臓がんは1万人に1人が発症すると言われています。ほとんど自覚症状がなく、40歳から70歳代に多いがんです。
 
 
腎臓は、血液に作られた老廃物を尿として体外に排泄する働きをしております。大きさは大体握りこぶしぐらいの大きさで、背中に左右一個ずつあります。
 
 
腎臓をさらに詳しく見ますと、「糸球体」と「尿細管」からなってます。
 
 
これらがおしっこの素を、尿細管で再吸収といって必要な成分をまた身体の中に取り入れたり、身体の不要なものを尿として排泄する、そういう働きをしております。
 
 
また腎臓のがんは、腎臓の尿細管から発生するというふうに言われてます。
 
 
 
ちなみに過去に腎臓がんを患った芸能人・有名人は以下の方々です。
 
 
(1)阿久悠さん
 
(2)小西博之さん
 
(3)小橋建太さん
 
 
 
【出典】「健康ぷらざ」
 
 

» 

Copyright © 女子力アップのための美容と健康の総合情報! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます