a0f6c54284803bf7c60b.jpg




〜2016年の恵方は南南東です〜





2月3日は節分です。豆まきをして、恵方巻を食べると言う家庭も多いのではないでしょうか?実は、豆まきは1年に1度の開運行事でもあります。今年は、金運を上げる豆のまき方をしてみませんか?


節分とは、季節を分けると書きますが、そのとおりの意味になります。本来節分とは4回季節の始まりとなる、立春・立夏・立秋・立冬のすべてをいいますが、立春の前の日に当たる2月3日のことを節分と呼んでいます。





◆2月3日の節分になぜ豆をまくの?


2月3日は節分。地方によって異なりますが、「鬼は外、福は内」と豆をまいたり、年の数だけ豆を食べるなど、さまざまな風習が見られます。邪気を払い、新しい年の福を願うものとされている節分行事。でも、なぜ豆をまくのでしょうか?


「節分」は、現代では立春の前日である2月3日ごろを指しますが、そもそも節分とは「季節の分かれ目」の意味で、1年に4回ありました。つまり、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれ前日です。それが、立春が1年の始まりとして重要視され、節分といえば立春の前日のことを指すようになっていったといわれています。


節分行事のルーツは、平安時代の「追儺(ついな)」という厄災を追い払い、新年を迎える宮中行事だといわれています。旧暦では元日と節分の日が近かったため、本来は大みそかに行われていたこの行事が節分に行われるようになったといいます。追儺は「鬼やらい」ともいわれ、元々は中国の風習です。


今ではさまざまな寺社で節分祭が行われますが、京都の吉田神社では、鬼はらい役の「方相氏(ほうそうし)」が黄金四つ目の仮面を被り、矛と盾を持って、暴れまわる赤・青・黄の鬼を退治。最後に上卿、殿上人たちが桃の弓で葦の矢を放ち、災厄を払うという、古式に則った形で追儺の儀式が伝えられています。



「魔を滅する」



現在の節分では、「鬼は外、福は内」と言って豆をまく風習がありますが、そもそも、なぜ豆をまくのでしょうか。豆をまく風習は、室町時代以降に行われるようになり、庶民に広まって行ったようです。豆まきは、追儺の儀式に基づいたもので「魔の目を打つ」、「魔を滅する」に通じるからという説があります。また、穀物には邪気を払う力があると考えられており、豆の霊力で邪気を払うという意味もあるといわれています。


豆まきには、炒った大豆を使い。その年のえと生まれの年男や一家の主人がまくのが一般的です。また、自分の年の数だけ豆を食べると1年間健康でいられるといいます。なぜ炒った豆を使うのか、については、生の豆だと、拾い忘れた場合に芽が出ると縁起が悪い、また「炒る」が「射る」に通じるなどの説があるようです。


その他、節分には、現在では見かけることはなくなりましたが、焼いたイワシの頭をヒイラギの枝に差し、魔除けとする風習もあります。


出典:TomoNews Japan





4e8c5f3aba4176394e391e3d917c49dc.jpg




<豆まきで運気・金運アップ!!>



★金運アップには鬼門の方位を綺麗に!


基本的に、日本の行事は運を開くものと風水で謳われており、節分もその一つ。そして、金運アップを願う日でもあるのです。豆まきをすることで、家を浄化します。豆をまく際に、粗塩もまく(室内)と更に邪気を清めることが出来ます。


金運アップして、お金を貯めたいと願うなら、鬼門方位(北東)を綺麗にします。さらに、豆を入れた升を、節分が終わった日(4日以降)に神棚に置き、時計屋アクセサリーなどを入れておくと金運アップに良いと言われています。


節分以降からは、北東と南西は凶方位と言われる方角になります。なので、その方角は綺麗にものを片付けておくことをおすすめします。また、その方角だけでなく、中心も綺麗にしておくのが風水上、大切と言われています。


実は、この節分、年に4回あるのをご存知ですか?ご存知の方も意識している方は少ないのではないでしょうか?春の土用、夏の土用、秋の土用、冬の土用とあり、節分は冬の土用に当たります。このそれぞれの節目が、運気が変わる分岐点とも言われています。この日には掃除をして、家を清めると運気アップにつながります。金運アップも見込めるかもしれませんね。






★運アップを恵方に!


節分と聞いて、豆まき以外に思い当たるのは、恵方巻きではないでしょうか?「恵方を向いて、この太巻きを食べ終わるまで一言も話さなければ、お願いごとが叶うよ」と小さい頃から言われている人も少なく無いと思います。


ご存知の方も多いと思いますが、この恵方は、毎年方角が変わります。恵方というのは、そもそも神様がいる方向のことを指します。


2016年は、南南東の方角です。もっというと、南南東よりもやや右の方角が良いです。やや右というのは、中国式の24方位を西洋式で表すためです。今後の参考として、2023年までの恵方を示した画像を紹介しておきます。

Screen-Shot-2014-02-02-at-9.27.27-AM.png

なんとなくの方角で恵方巻きを召し上がる人がたまにいらっしゃいますが、しっかりと方角を確かめてから召し上がりましょう。


出典:Dr.Walletナビ






★運気を上げる豆のまき方は?


@家の全ての窓を開け換気を良くして!

大切なのが「換気」悪い気を出して新たな金運を呼び入れるためにも、家の全ての窓を開けて豆まきをしましょう。



A豆をまく時間は、夜に!

鬼は夜になると現れると言いますので、節分の日の夜にまきましょう。夜なら、家族も揃いますよね。



B投げる豆の数は、8つずつ!

「8」は、末広がりで縁起の良い数字と言われています。



C掛け声だって大切!

「福は内」は2回言いましょう!「鬼は外」と豆を撒き、鬼が戻らないよう戸や窓を閉めて「福は内」と部屋の中に撒きましょう。



D豆まきの後は数え年+1個豆を食べる

豆は健康にも良いもの!数え年として1つ多く食べます。





出典:【TomoNews Japan 】